9月9日の重陽の節句にスピリチュアル的に開運する方法

9月9日の重陽の節句にスピリチュアル的に開運する方法

9月9日は、日本の5節句の中の一つである「重陽の節句」になります。

重陽の節句は、そんなに有名な節句ではないかもしれませんね。

しかしながら、開運していくにあたりとても重要な意味を持つ日なのです。

9月9日の重陽の節句(ちょうようのせっく)にスピリチュアル的に開運する方法をご紹介していきます。

9月9日の重陽の節句って何?

9月9日の重陽の節句って何?

重陽の節句は、5節句のうちの一つですが、実はあまり知られていない日だったりします。

この日はひな祭りや子供の日などのように休みになる訳でもありませんし、お祝い事をするわけではないので、なんとなく影が薄いのかもしれませんね。

重陽の節句とは、菊の節句などと呼ばれたりもしている節句で実はスピリチュアル的にはとても重要な日になります。

中国の陰陽五行説では、

  • 奇数が陽
  • 偶数が陰

とされています。

そして9という数字は、陽が極まる数字です。

陽の最後の数字だということですね。

そんな陽が極まる数字が2つ並んでいるのが、9月9日になります。

という訳で、陽が極まることが重なる重陽の節句と呼ばれるようになったのです。

重陽の節句の開運方法

重陽の節句の開運方法

重陽の節句は、陽が極まる日に当たるため、邪気を払うことができる日とされています。

陰陽のバランスが極端に傾く日だからですね。

また、長寿を願う日でもあります。

陽の最後の日という理由で、そう言われたりしています。

菊の節句、栗の節句などと呼ばれ、かつては菊の花を浮かべたお酒を飲んだりされてましたし、今の時代では栗ご飯を食べたりするのも一般的ですね。

また、ナスを食べることで気のバランスを整えることができると薬膳では言われています。

そのため、ナスを調理して食べることで開運にも繋がっていきます。

また、とっても縁起の良い日なので財布を購入されてみるのも良い日になります。

秋財布は実るなどと言われてますね。

開運財布が欲しいという方は、以下の財布屋さんがとってもオススメです。

重陽の節句は浄化をすることで開運へ

重陽の節句は浄化をすることで開運へ

実は、前回のうお座の満月から9月10日に起こるおとめ座の新月に向けて「浄化」のパワーが非常に強まっている時になります。

そのため、自宅の掃除をして浄化してみたり、自分自身の内側を浄化してみたり。

様々な方法で、自分自身を整えたり自宅を整えたりしていくと良いでしょう。

開運のキーワードは、浄化です。

お風呂に天然塩とアロマを入れて入浴するのもオススメですし、シャワーを浴びる時に足元にペパーミントの精油を垂らして朝シャワーを浴びるととってもスッキリします。

ミントの効果で、自分自身が浄化されていくのを感じます。

次に起こるおとめ座の新月に向けて、整理整頓をし、どんどんいらないものを排除していくことで新しいものを手に入れることもできますし、開運のエネルギーがアップしていくはずです。