【子育てをもっとラクにするスピリチュアル】目には見えない。でも、確かに存在するモノ

【子育てをもっとラクにするスピリチュアル】目には見えない。でも、確かに存在するモノのアイキャッチ画像

この世には、目に見えないものが本当に存在しています。

それに気づいたのは、我が事の出会いでした。

私の体験をもとに、子育てをもっとラクにする目には見えないスピリチュアルをご紹介します。

そのヒラメキは、ある日、突然に。

そのヒラメキは、ある日、突然に。のアイキャッチ画像

今ではすっかり公園遊びの常連になっている私ですが、実は若い頃は子供があまり好きではありませんでした。

一人っ子だったということもあって、家の中に自分よりも小さな子供がいる環境を経験したことがありませんでしたし、なにより子供たちのあのキーキー言う感じがものすごく苦手で・・・。

正直、スーパーやショッピングモールで騒ぐ子供を見かける度に、

ちっ。子供が寝てから買い物に来れば良いのに

なんて思ってしまうようなヒドイ女だったんです。
(お母さんたち、ゴメンナサイ!)

夫も同じく、あまり子供を持つことに積極的なタイプではなく。

私たち夫婦の間ではなんとなく「子供はいなくていいよね~」という暗黙の了解ができ、結婚してから6年間はディンクス夫婦で過ごしていました。

もちろん、親族からは帰省の度に

子供はまだなの?

というお決まりのプレッシャー。

ご親切に不妊治療のパンフレットを持って来てくれる方もいたりして、それはもう・・・、うんざりなくらいでした。

が、数年経つと騒いでいた親族たちも徐々にその話題には触れないようになり、親も孫の顔を見るのは諦めていたようです。

外野も静かになったし、よかったよかった。
私は子供に縛られる人生なんて絶対に嫌だね!!
思い切り好きなことだけやって死んでいくんだい

なんて解放感すら感じていた30代半ば。

ところが、ある時ふと、

子供を産んでみるのも悪くないかも

というヒラメキのようなものが降りてきたんです。

それは本当に、「突然」としか言いようのないタイミングで。

私自身が、

あれ?私、子供嫌いなくせに何を思っちゃってんだ!?

と驚いたくらいです。

たまたまじゃない!実は重なっていた星の動き

たまたまじゃない!実は重なっていた星の動きのアイキャッチ画像

  • 35歳を過ぎると、出産のリスクはグッと高くなる
  • ダウン症が生まれる確率が高くなる
  • 40代になってからの子育てはしんどい
  • 高齢になると羊水が腐る

そんな本当かどうかもわからない話も含め、あちらこちらで見聞きしていたせいで、突然、そんなヒラメキが降りてきたのかもしれない。

一時の気の迷いかと思ってスルーしようとしたのですが、なぜかその当時は、TVをつけても週刊誌を見てもネットのニュースを見ても「妊娠」「出産」の話題ばかり目につきました。

自分が意識し過ぎていただけかもしれませんが、明らかにいつもよりもそういった話題は多かったと思います。

その影響もあったのか、日が経つにつれて、その「子供を産む」ということが自分にとってある種の使命のように思えてきて頭から離れなくなりました。

何をしていても、

子供、どうしよう

と考えてしまう日々。

結局、いろんな巡り合わせも重なってあれよあれよとう間に私のお腹の中には新しい命が授けられました。

あんなに、「子供はいらない」と思っていたのに。

この変化はどうしたことか?

と、私をよく知る友人・知人はみんなビックリです。

当時は「まあ、年齢的にそういう時機だったのかな」と笑って受け流していたのですが、出産から1年が経とうとする頃に何気なくその年の星占いを見てビックリ!

私の星座のところには、次のように書かれていました。

1年を通じてとても忙しい雰囲気に包まれています。
愛情関係については、年の前半に結婚にいたったり、子供を得たりと、とても生産的な時期となるでしょう。
強い追い風が吹く1年になりそうです。

もしこの占いをあらかじめ目にしていたら、その影響で「子供を産むなら今年かな」と思っていたかもしれません。

が、実際に見たのは全てが終わってから。

ということは、あのヒラメキは、星からのメッセージだったのかもしれないってこと!?

子育てはスピリチュアルな体験だらけ

占いは全般的に大好きで、特に星占いは信ぴょう性がある!と信じていた私ですが、あの時ほど「星の力」をリアルに実感したことはありませんでした。

私たちの中には生まれながらに仕掛けられている目には見えない時計のようなものがあって、それは星々の動きに導かれて進んでいるのかもしれません。

あの時、私が「子供を産んでみようかな」と思ったのは、私の中の時計がそのようなフェーズに進んでいたからなんじゃないかと、今は本気でそう思っています。

作家の石田衣良さんは、たまたま手に取った雑誌のタロット占いの一言がきっかけで創作活動を始めたのだとか。

出産に限らず、なにか言葉では説明できない衝動に突き動かされているように感じる時は、あなたの中の時計が星によって動かされている時なのかもしれませんよ。

頭で考えるのではなく、そのプログラミングされている“何か”に従って行動してみるというのも悪くないのではないでしょうか。

余談ですが、子供を産む直前は、なぜかタロットカードを引く度にCUPのペイジというカードが出ていました。

これは「うお座」「甘えん坊の小さな子供」を表すカード。

娘は依存気質で甘えん坊なうお座さんなので、タロットは私に「あなたが生むのはこんなコだよ」と教えてくれていたのでしょう。

私たちの周りには、目には見えないものの力に動かされているとしか考えられないようなスピリチュアルな出来事があふれています。

特に子育てに関しては、理屈では説明ができないようなことがよく起こります。

そういったことの一つ一つを「気のせい」で片づけてしまうのではなく、「もしかしたらこんな意味があるのかな」「星の導きかな」と違った角度から捉えてみてはどうでしょうか?

いろんな気づきがあって、きっと自身の内面の成長や子育てのヒントにもつながるはずです!


他のどんな事でスピリチュアルを使用したいですか?