水晶玉子の占いで「畢(ひつ)」の年の2020年を開運して幸せに過ごす方法

水晶玉子の占いで「畢(ひつ)」の年の2020年を開運して幸せに過ごす方法のアイキャッチ画像

2020年は、水晶玉子のオリエンタル占星術の占いでは「畢(ひつ)」の年になります。
1年どんな年になるのか?

どの年かでぱぱっとわかってしまうのが水晶玉子の占いなのです。

「畢(ひつ)」の年とは一体どんな年なのか?
2020年の水晶玉子さんの予測とは?

そして「畢(ひつ)」の年を開運してハッピーに過ごす方法についてご紹介します。

2020年は水晶玉子の占いで「畢(ひつ)」の年

2020年は水晶玉子の占いで「畢(ひつ)」の年のアイキャッチ画像

水晶玉子の占いは、オリエンタル占星術と呼ばれるオリジナルの占術です。
オリエンタル占星術で占うと、2020年は「畢(ひつ)」の年になります。

「畢(ひつ)」の年とは一体どんな年なのでしょうか?

占いでは、その年の流れに合う過ごし方をすることで、ハッピーに過ごせるようになると言われています。

「開運するための指針」を教えてくれてるのが、占いということですね。

「畢(ひつ)」の年とは、年運テーブルの「命」の部分にやってくるのが2020年は「畢宿」になります。
そのため、「畢(ひつ)」の年ということになるんですね。

具体的には、生活の基盤になってる部など生涯変わらないと思ってたことが変化していく、そんな1年が「畢(ひつ)」の年なのです。

2020年は大きな転換期になる1年

2020年は大きな転換期になる1年のアイキャッチ画像

「畢(ひつ)」の年は、大きな転換期にもなる一年ということができますね。

変わらないと思ってたことが変わるってなんだか怖いですよね。

でも、水晶玉子さん曰く、

「変化は必ずしも悪いことではなく、良いことへのきっかけになります。」とおっしゃられてました。

その通りですよね。

水晶玉子さんの座右の銘は、ピンチはチャンスなんだそうです。

何かが変わることで、新しい何かが始まる。

終わらなければ始まりません。

チャンスと捉えて2020年の新しい時代の波に乗っていくことで、色々と良い体験ができそうな予感の1年になりそうですね。

2020年の「畢(ひつ)」の年の過ごし方

2020年の「畢(ひつ)」の年の過ごし方のアイキャッチ画像

それでは、「畢(ひつ)」の年の過ごし方をみていきましょう。

「畢(ひつ)」の年はどう過ごしていけばいいのでしょうか?

大切なポイントは、とにかく波にのることです。

変化を恐れず挑戦すること。

新しい流れが始まる訳なので、ドキドキですよね?

新しいことを始めるのにもとても良いタイミングです。

そして、大きな時代の曲がり角になりそうな1年とのことなので、今までやってきたことに縛られることなく新しい挑戦をどんどんしていけると良い年ですね。

人生には色々な時がありますが、2020年に限っては「流れに自ら乗っていく」ことが大切なんだそうです。

どんどん動く。
チャンスと思ったら、チャンスの神様が行ってしまわないうちに流れに乗っていくことですね。

チャンスはいつでも訪れるわけではありません。
それこそ一旦逃したら、次にいつ訪れるかわからないですよね?

乗り遅れないように、いつでも乗れるように準備をしておくことも大切になってきそうですね。

2020年は水晶玉子の占いの「畢(ひつ)」の年に開運する方法

2020年は水晶玉子の占いの「畢(ひつ)」の年に開運する方法のアイキャッチ画像

「畢(ひつ)」の年に開運する方法を見ていきましょう。

水晶玉子さんがおっしゃる「畢(ひつ)」の年に新しい波に乗るための3か条は、以下の3つになります。

  1. 具体的な人生のゴールと目的を持つこと
  2. 打たれずよく。負けない強さを手に入れること
  3. 古いものを壊すのではなく、蘇らせること

の3つです。

激動の時代は、自分を見失いそうになる時です。

どんどん流れていってしまうため、自分がどこにいるのか?自分はどうなのか?
置いてきぼりになりやすいということですね。

そうならないように、アドバイスをしてくださってます。

「自分が目指す場所、人生の指針」
などを明確にしておくことで、自分をしっかり持ったまま激動の時代を生き抜いていくことができるようになっていきます。

負けない強さ。
これって本当に大切なことですよね。

一度や二度の失敗は誰にでもあります。
それこそエジソンだって、電気の発明までにどれだけ失敗してきてるのか。

失敗がなければ成功はありません。
折れない心を作ることって本当に大切ですね。

そんな2020年にしてみるのもとても良いですね。

そして変わることを恐れないこと。
これも大切ですよね。
いつまでも古い時代に固執していても、何も始まりません。

今はこうなので、受け入れる必要があるわけです。

それを知ってる人だけが、どんどん開運していけるんじゃないかなと個人的にも思ってます。

占い界のみならず、色々なところで言われてる激動の2020年ですが、流れに置いてかれないように自分を持ち、そして負けない心を築き、自分らしく過ごせていけると良いですね。

時流に乗ることを忘れないようにしていきたいですね。

水晶玉子の大人気本「水晶玉子のオリエンタル占星術開運暦2020」については以下の記事も合わせてチェックしてみてください。

2020年の過ごし方の指針となるはずです。

的中率ナンバー1!手軽にできる水晶玉子の占いアプリはこちらをクリック


他のどんな事でスピリチュアルを使用したいですか?