2019年今年初めての日食を伴うやぎ座の新月で開運する方法

2019年今年初めての日食を伴うやぎ座の新月で開運する方法

2019年1月6日、今年初の新月が訪れます。

初めての新月ですが、なんと日食を伴うイベント的な新月ですね。

やぎ座で起こる1月の新月について、またこの新月ですると良いこと、やぎ座の新月のパワーを利用して開運する方法をご紹介します。

1月6日のやぎ座の新月の詳細

1月6日のやぎ座の新月の詳細

まずは、1月6日のやぎ座の新月の詳細から見ていきましょう。

新月が起こるのは、10時28分。

そして、日食が起こる新月になります。

今回のやぎ座の新月で日食が起こり、次回の1月21日の獅子座の満月では、皆既月食が起こります。

新月の時には日食、満月の時には月食が起こるということですね。

今回の日食は部分日食で、日本からでも観測できる日食となります。

やぎ座のパワーをたっぷりいただける新月

やぎ座のパワーをたっぷりいただける新月

そんな新月ですが、やぎ座のパワーをたっぷりといただくことができる新月になります。

日食が伴うのもそうですし、なんといってもやぎ座に多くの惑星が集中している状態で起こる新月だからです。

2019年の終わりには、今現在いて座に滞在している木星がやぎ座に移動します。

木星は、今現在ホームグラウンドにいるということです。

ホームグラウンドでしっかりと充電した後やぎ座に移動するため、とてもパワフルなやぎ座の木星時代を迎えることができそうです。

そんなことからも、2019年は、やぎ座のパワーは全体的にとても強い1年となります。

また、やぎ座には自身の守護星である土星が滞在中、さらに冥王星も滞在しているのです。

これだけで、かなりのパワーがあることが伺われるでしょう。

やぎ座のパワーと言ったら、なんといっても堅実に、地に足をつけて実行していく力です。

決してスピーディという訳ではありませんが、きちんと到達地点を決め、そこに向かったコツコツとやり続けることができるエネルギーを持っているのが、やぎ座という星座なのです。

やぎ座の新月の開運方法!すると良いこととは?

やぎ座の新月の開運方法!すると良いこととは?

それでは、やぎ座の新月の開運方法を見ていきましょう。

やぎ座の新月には、新月と重なる冥王星の影響などもあり、社会的立場に変化が訪れることもあるかもしれません。

もしくは、自分で変えたい!

と強く願い、変えていくこともあるかもしれませんね。

やぎ座といえば、なんといってもキャリアを大切にする星座です。

やぎ座のパワーを借りることで、これから先のキャリアについて考えてみる時間を作ってみるのも良いでしょう。

今回の新月は、10ハウスで起こります。

この場所も、仕事関係のやぎ座のハウスになります。

新月と言えば、アファメーションです。

今年のやぎ座の新月では、「仕事関係で成し遂げたいと思ってること」についてのアファメーションを行われてみると良いでしょう。

本当にしたい仕事。

魂が望む仕事。

について、考えてみてください。

  • なんとなくしてる仕事。
  • お給料がいいから。
  • 家から近いから。

などの理由でしている仕事は、あなたの進むべき道から外れている仕事かもしれません。

あなたの心の奥底で、本当に臨んでいるものと出会えるかもしれない、そんな新月でもあります。

そのためにも、ぜひ、本当は何がしたいのか?

の部分に焦点を合わせて、自分自身と向き合ってみてください。

ホロスコープを見ると、アセンダントに魚座が滞在しています。

これは、内面を見つめると良い時!ということを示唆しています。

ご自身の内面と向き合うことで、やぎ座の新月のパワーを生かすことができるはずです。