パワーストーンの処分方法!お役目を終えたパワーストーンはどうしたらいい?

パワーストーンの処分方法!お役目を終えたパワーストーンはどうしたらいい?

もうお役目を終えたパワーストーンってありませんか?

なんとなく御守り的な存在だし、捨てるのもな…。

と考えてる方って多いはずです。

今回は、お役目を終えたパワーストーンの処分方法についてご紹介します。

パワーストーンは捨ててもいいの?

パワーストーンは捨ててもいいの?

多くの方々が、何か願いを叶えたいと思った時、願掛けをしたいと思った時にパワーストーンを手にされるはずです。

そんなパワーストーンなので、もうお役目を終えた時に処分するのは気が引けたりするのではないでしょうか?

パワーストーンは、御守りと同じ立ち位置にあります。

願掛けをしている訳ですから、あなたの念がこもっています。

ということは、御守りと同じように念を抜いてあげなければならないということになります。

念を抜くってどうしたら良いの?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、念を抜くためにわざわざお祓いをしてもらう必要はありません。

自分自身でも、念を抜くことはできるのです。

パワーストーンの念を抜く方法

パワーストーンの念を抜く方法

パワーストーンは、浄化をすることで念を抜くことができます。

パワーストーンを利用されてる方は、おそらく日頃から浄化も行ってるはずです。

浄化をしていかないと、どんどん悪いものが溜まっていってしまい、パワーストーンの効果を発揮できなくなってしまうからです。

日頃から浄化を行ってるパワーストーンであればそこまで問題はありませんが、最後にさよならする際にきちんと浄化を行っておくと良いでしょう。

いつもの方法で浄化を行えば、それだけで念抜きをすることができます。

ちょっと心配だという方は、いつもより少し長い時間をかけて浄化をされてみると良いでしょう。

浄化の方法も様々ですが、もう使わないパワーストーンなので、その石にはあまり合わない浄化方法でも問題ありません。

例えば、塩水につけるのを苦手としているパワーストーンでも、塩水に長めにつけておくことで浄化になります。

1日もつけていれば、念は全て抜けていくでしょう。

また、1番強力な浄化方法は、セージの葉の煙に通す方法だと言われています。

なかなかセージの葉を燃やせないという方は、月光浴でも良いですし水晶のさざれ石の上に置くだけでも浄化になります。

どんな方法でも良いので、まずは念を抜いてからお見送りされると良いでしょう。

ゴミとしてパワーストーンを捨てる方法

ゴミとしてパワーストーンを捨てる方法

ゴミとしてパワーストーンを捨てても良いのか?

気になるところですよね?

ゴミと一緒にパワーストーンを捨てても構いませんが、その際には御守りなどと同じように白い半紙のような紙に包んでから、ゴミに入れると良いでしょう。

ゴミと一緒に出しても問題ありませんが、白い紙や封筒、半紙などで包んでからさよならすることがパワーストーンのマナーになります。

気がひけるという方は、パワーストーンだけ別の袋に入れてお見送りされると良いでしょう。

自然に返すのも一つの方法

自然に返すのも一つの方法

パワーストーンは、地のエレメントです。

もともとは地球から私たちの元にやってたのがパワーストーンであり、自然の産物ですよね?

そのため、土に返してあげるというのも一つの方法です。

一軒家にお住いの方は、庭に埋めてみるのも良いでしょう。

マンションなどにお住いの方は、なかなか埋められる場所がないかもしれませんね。

そんな時は、観葉植物などの土の中に埋めてみるのもオススメです。

お役目を終えたパワーストーンは、土の中で眠ることができます。

もうあなたの願いが叶った後のパワーストーンは、できる限り自然に返してあげたりすることでまた新たな目標ができたり、ピンとくるパワーストーンに出会うことができるはずです。