【土用のスピリチュアル】土用の期間の過ごし方で開運する方法!

【土用のスピリチュアル】土用の期間の過ごし方で開運する方法!

土用の丑の日と言うと、何を思い浮かべますか?

恐らく多くの方々が、土用の丑の日というと夏のうなぎを食べる日を思い浮かべるはずです。

土用とは、夏に限った話ではありません。

年に4回、季節の変わり目に土用はやってきます。

土用の期間をスピリチュアル的に見ていくと、どんな意味があるのでしょうか?

土用の期間の過ごし方で開運する方法をご紹介していきます。

土用の期間は年に4回あるって本当?

土用の丑の日は、夏だけの話ではありません。

うなぎを売るための戦略として、夏の土用の丑の日が有名になりましたが、土用の期間というのは年に4回あるものなのです。

立春、立夏、立秋、立冬を迎える前の18日間を土用の期間とし、土用の丑の日は夏の土用の期間にだけ訪れます。

丑の日は、12日に一回巡ってきます。

夏の土用の期間の中の丑の日が、土用の丑の日なのです。

土用の期間のスピリチュアル的な意味と開運方法!

土用の期間のスピリチュアル的な意味と開運方法!

季節の変わり目の年に4回ある土用の期間というのは、スピリチュアル的に見ていくと運気が乱れやすい時とされています。

季節の移り変わりに従って、気の流れも変わっていくからです。

そんな時のエネルギーというのは、混沌とした状態になります。

特に敏感な方は、心がざわざわする期間になるはずです。

スピリチュアル的にこの土用の期間は、気の流れが一定ではない時にあたるので、一般的に新しいことを始めるのはあまり良くないとされています。

ただし、新月などの特別な日と同時に訪れるのであれば、新月のエネルギーに乗り新しいことを始めてみるのもアリかもしれません。

土用の期間で開運する方法1!時にはのんびり過ごしてみよう

土用の期間に開運するためにする事は、なんとなく運気の乱れを感じるという時は、のんびりと過ごす事が吉となります。

自分の中で、ざわざわしたものを感じるということってありませんか?

今はなんとなく良い状況じゃないと感じることなどもあるかもしれません。

そんな時は、直感に従ってみてください。

そういう時の直感って当たるものです。

のんびり過ごすことで、自分自身のペースを取り戻すことができるようになります。

土用の期間で開運する方法2!自分自身を見つめ直すこと

また、土用の期間こそ自分自身と向き合ってみるべき期間です。

心がざわざわする事というのは、日頃からあなたが悩んでる事です。

どうするべきか悩んでる事だからこそ、こういう時にざわついてくるものです。

季節の移り変わりに、自分自身を変えてみるのも一つの方法でしょう。

人生には、何度となく節目となるような時が訪れます。

そのような節目に利用してみる事で、思いのほか開運していく事が出来るかもしれません。

開運するためには、行動する事が大切です。

自分自身を見つめ直した結果、これだというものに気付いたらどんどん行動していくと良いでしょう。

土用の期間で開運する方法3!自分自身を浄化する事

土用の期間というのは、浄化の力が強い期間だとされています。

スピリチュアル的に、自分自身の浄化をする事ですっきりする事ができますよね?

知らず知らずのうちに、邪悪なものがあなたの中に溜まってしまってるものです。

人混みの中に出掛けていくと、どっと疲れが出ることってありませんか?

そんな時こそ、邪悪なエネルギーにとりつかれてしまった時なのです。

自分自身を浄化していくことで、イライラする気持ちだったりモヤモヤした心が静まっていきます。

浄化の方法は色々ありますが、一番手っ取り早いのが塩風呂に入ることです。

塩風呂は、自宅のお風呂に天然塩を入れるだけで簡単に作ることができます。

必ず使うお塩は、天然塩を利用されてください。

精製塩では、浄化の力はほとんどありません。

塩を入れたお風呂に入ることで、汗をかきやすくなります。

そして、塩の浄化パワーを借りてどんどんあなたの中にあるいらないものを発散させていくことができるようになるでしょう。

土用の期間に開運するためにしてはいけない事って何?

土用の期間に開運するためにしてはいけない事って何?

それではお次は、反対に土用の期間にやってしまうと開運を妨げることになる、してはならない事についてチェックしていきましょう。

土用の期間にしてはいけない事は、よく言われているのが土いじりです。

この期間に土いじりをすることで、悪いエネルギーを吸収してしまうと言われています。

どうしても土いじりをしたいという方は、この期間だけはなるべく避けるようにしていくと良いでしょう。

また、大きな判断はこの期間にはNGだとされています。

というのも、気が乱れやすい時なので、判断能力に欠いている時でもあったりします。

旅行や引越しなどの大きく動くことも、この期間にはあまりするべきではありません。

開運するためにも、土用の期間にはこれらのことを避けていくと良いでしょう。

様々な季節が日本には存在します。

それと同時に、様々な四季や年中行事のようなものも存在しています。

昔から行われている行事などは、きちんと意味があることが多かったりします。

土用の期間についても、するべきこと、してはいけないことにはきちんと意味があるのです。

土用の丑の日のスピリチュアルを実行していくことで、あなたも開運してみませんか?

☆日常を一歩上に引き上げるちょっとした秘訣☆

今、あなたの目や画面に映っている情報に興味がなくても、すこし覗くだけで、あとあと損しない生きた情報になるかも!

普段から色々な情報に触れることも、素敵なエッセンスです。