「自分らしさ」全開のハッピーイヤー!いて座×一白水星の2018年の運勢

「自分らしさ」全開のハッピーイヤー!いて座×一白水星の2018年の運勢

いて座の2018年の運勢を、九星気学で占ってみました。

いて座×一白水星の2018年の運勢をチェックしていきましょう。

いて座×一白水星【基本的性格】

一対一のつながりを大切にし、いろんなタイプの人と親友になれる人です。

恋をするととても情熱的になり、どんなに傷ついてもとことんその愛を追い求めます。

いて座×一白水星【全体運】

いて座×一白水星【全体運】

2018年は、本命星である一白水星が「北西(乾宮)」に位置しています。

ここは、六白金星の定位ですので、2018年は六白金星の基本的性質を強く帯びることになります。

おひつじ座に入っていた天王星の作用で、情熱的な愛に出逢ってはそれを手放すという体験を繰り返してきた方も多かったことでしょう。

しかし、2018年は天王星が次のおうし座に移動していくということで、その激しい改革の流れは収束していきます。

本命星が入る乾宮は、公私ともに何事も順調に進む運気。

さらに、2018年の後半(11月~)には幸運の星・木星が自分の星座に巡ってくるということで、12年に一度のラッキーイヤーとなります。

木星はいて座の支配星ですから、木星がホームグラウンドに戻ってくるようなイメージ。

あなたが最もあなたらしくいられる、真に自由な1年となるでしょう。

いて座×一白水星【恋愛運】

いて座×一白水星【恋愛運】

いて座×一白水星さんは、恋をするとハンターの気質にスイッチが入る方が多いようです。

とても情熱的に愛を求め、狙った獲物は確実に射止めようとする一途さがあります。

ある意味、「勝負」のような感じで恋愛に挑む人なので、出逢いと別れを繰り返してきた2011年からの7年間は、精神的にもかなりしんどかったのではないでしょうか。

2018年はようやくその流れが収束して、一つの愛を実らせていくステージに入ります。

いて座×一白水星【結婚運】

いて座×一白水星【結婚運】

本命星が入る乾宮は「収穫」を象意に持つ方位ですし、2018年の後半には木星がホームグラウンドに戻ってくるということで年末に向けて愛が大きく育っていく兆し。

木星が巡ってくる年は運気をリセットして新しいスタートをきるという意味もありますので、「結婚」という選択をするにも適した運気です。

シングルさんも、生涯の伴侶に出逢うことになるかもしれませんね。

いて座×一白水星【仕事運】

いて座×一白水星【仕事運】

本命星が乾宮に入る年は、とくに仕事運で強いエネルギーに恵まれます。

「社会的地位」や「出世運」を司る方位であるため、上司や取引先に実力を評価され出世のチャンスも!

事業拡大もよし、不動産購入でも失敗のリスクは低いでしょう。

また、2018年の後半には木星が自分の星座に、天王星は「就労条件」を司るおうし座に移行します。

どんな困難なことがあっても簡単には役割を投げ出すことがないいて座×一白水星さんの持ち味を生かし、腰を落ち着けて仕事に取り組むことができるはずです。

いて座×一白水星【金運】

いて座×一白水星【金運】

乾宮は「金」の気を持った方位であり、「金の気が良質な水を生む」流れで金運にも恵まれる1年となるでしょう。

ただ、試練の星・土星が「お金の稼ぎ方」や「経済活動」を司るハウスに入りますので、お金に対する意識がちょっと変わるかもしれません。

いて座×一白水星【健康運】

いて座×一白水星【健康運】
飽きっぽいようでいながら、意外に仕事に対しては周りが驚くほどの忍耐強さを発揮するいて座×一白水星さん。

しかし、自分の疲労に気づかずに体調を崩すことも多いようです。

本命星が乾宮に入る年はあらゆる意味で絶好調な年ですが、だからこそ自分のストレスや疲れに意識を向けること、心身の健康管理が必要な1年となるでしょう。

いて座×一白水星【2018年をもっとHAPPYに!3つのアドバイス】

いて座×一白水星【2018年をもっとHAPPYに!3つのアドバイス】

★一つの愛をじっくり温めよう。
★自分らしさを追究しよう!
★身体からのSOSを見のがさないで!

いて座×一白水星の2018年の運勢は、ラッキーな星木星のパワーを最大限享受でき、自分らしく生きられる1年となるでしょう。

九星気学 各特徴
一白水星の人の特徴と開運方法へ 二黒土星の人の特徴と開運方法へ
三碧木星の人の特徴と開運方法へ 四緑木星の人の特徴と開運方法へ
五黄土星の人の特徴と開運方法へ 六白金星の人の特徴と開運方法へ
七赤金星の人の特徴と開運方法へ 八白土星の人の特徴と開運方法へ
九紫火星の人の特徴と開運方法へ


他のどんな事でスピリチュアルを使用したいですか?