【自分と子供の違いについて知ろう】この子ってどんな子?12星座別の性格特性

【自分と子供の違いについて知ろう】この子ってどんな子?12星座別の性格特性のアイキャッチ画像
自分の子供なのに、何を考えてるかわからない!
理解できない!

そんな方って、実は多いはずです。

なぜ理解できないのか?

それは、全く違う資質を与えられてこの世に生まれてきているからです。

12星座別に、その子が与えられた宿命について特性にフォーカスしてご紹介していきます。

子供の考えてることがわからないという方は、是非チェックされてみてください。

「理解できない」と思うのは星座のせいかも!?

「理解できない」と思うのは星座のせいかも!?のアイキャッチ画像

自分が生んだ子供でも、100%を理解してあげるのは難しいでしょう。

だって、その子は自分とは別の人間

全く違った運命を与えられて生まれてきた人間なのです。

よく、育児本には

ママがわかってあげなくて誰がわかってあげるの?

とか

ママだけはいつでも子供の味方でいてあげよう

みたいなことが書かれてありますよね。

ですが、その一文が子育てを辛くさせている側面もあるのではないでしょうか。

例えば、争い事が嫌いで平和主義者なママから同じような気質の子供が生まれてくるとは限りません。

もしかしたら、逆にものすごく負けず嫌いで血気盛んな子供かもしれませんよね。

そんな時、きっとそのママは、友達とおもちゃを奪い合う子供を見て

どうしてこの子はこうなんだろう
全く、気持ちがわかってあげられない

と悩むのではないでしょうか。

もしかしたら、

この子、もう嫌だ・・・

とすら思ってしまうかもしれません。

でも、わからないのはおかしなことでも罪なことでもありません。

ママであるあなたが「人と調和する。人を癒す」という使命を持って生まれてきた人であるように、その子供は「戦って世の中を変えていく」という宿命を与えられた存在なのかもしれません。

持って生まれた運命が違うのだから、私とこの子は性格も違っていて当たり前なんだ・・・

そう思えれば、すこし気持ちもラクになるのではないでしょうか。

その「宿命」を教えてくれるのが、生まれた年、月、日を元にした星占いです!

その子が持って生まれた宿命は?12星座別の特性にフォーカス!

その子が持って生まれた宿命は?12星座別の特性にフォーカス!のアイキャッチ画像

12星座それぞれに個性があり、それは面白いほどに違っています。

この子はどんな価値観を持って生きていて、周りのオトナに何を求めているのか。

それを知ることで、今までよりも少しだけ子供に優しく接することができるかもしれませんよ。

ここでは12星座別の性格傾向や接し方のポイントをまとめてみました!

おひつじ座の性格傾向や接し方のポイント

未開拓の地に踏み出していくフロンティア精神の持ち主。

正義感と情熱にあふれたヒーローのような気質を持っています。

負けず嫌いで、目標に向かってストレートに突き進んでいくパワーを秘めています。

正直で気持ちの良い性格ですが、やや強引で思い立ったら即行動しないと気がすまない、せっかちなところが玉にきず。

なんでも一番ならないと気が済まない質でもありますので、ケンカっぱやいところに苦労させられるかもしれません。

その競争心をうまく生かせるように導いてあげられるのが理想的です。

おうし座の性格傾向や接し方のポイント

一見、おっとりしていてマイペース。「品の良い子供」と評価されることも多いでしょう。

しかし、内側には猛牛の顔も秘めていて、自分が求めているものは確実に手に入れようとする一面もあります。

頑固で強情なところも、親を困らせる要素の一つかもしれませんね。

「欲しい!」と思った物を諦めず、いつまでも固執するようなところもあります。

自分のペースを乱されるとそういった面が強く出てきますので、なるべくその子のペースを尊重してあげるようにしましょう。

ふたご座の性格傾向や接し方のポイント

明るい性格で、色んなことに興味を持つ陽気なお調子者。

頭の回転も速いので、イタズラ好きな子供も多いかもしれません。

好奇心の幅が広いので、やや飽きっぽく、落着きがない傾向がありますね。

親から見ると、なんでもすぐに飽きてしまうところにイラっとくるのかもしれません。

ですが、それだけマルチな才能の持ち主だということ!なにか「これだ」と思うものが見つかるまでは色んなことに挑戦させてあげたほうが良さそうですよ。

かに座の性格傾向や接し方のポイント

感受性豊かで、シャイな星座。最初はなかなか打ち解けられないので、親から見ると「挨拶もしないで隠れたりして・・・。

「この子は、もうっ」とイラっするかもしれませんね。

ですが、内心はとても緊張していて、シャイにふるまうことで必死に自分を守っているのです。

親しくなれば誰よりも相手を大切にする愛情深い星座でもありますので、小さいうちの人見知りは大目に見てあげましょう。

やや相手に尽くし過ぎるところがあるので、友達関係でウジウジ悩むことも多いかもしれません。

どんな人とでも家族のような関係を作るのがかに座の理想ですから、人間関係で小さなことを気にしてしまうのです。

そんな時はじっくり話を聞いてあげましょう。

しし座の性格傾向や接し方のポイント

目立ちたがり屋で、自己表現が上手な星座。

根拠のない自信にあふれているので、親からすれば「アンタは何様なんだ・・・」と呆れてしまうことも多いかもしれません。

基本的に自己中で無神経なところもありますが、悪気は全くないのが憎めないところ。

自然体で人を惹きつける星座なので、親がヤキモキしている欠点も他人から見れば魅力的に見えるのかもしれません。

根拠のない自信を根拠のある自信に変えてあげるのが親の役目ですね!

おとめ座の性格傾向や接し方のポイント

生真面目で完璧主義、ちょっと気難しいところがある星座です。

親としては、「この子は複雑過ぎてなんだかよくわからん!」「子供なのに、変に理屈っぽくてかわいくない」なんて思ってしまうかもしれませんね。

ですが、おとめ座さんは何事も緻密な計画を立てて最後まで努力を続けることができる星座です。

リラックスした環境を与えられることで安心して才能を開花できますので、家の中もキレイに整えてスッキリさせておきましょう!

てんびん座の性格傾向や接し方のポイント

何事もバランスを重視する人ですから、とにかく人の評価が気になります。

小さいうちは、服を選ぶにも「○○ちゃんはこうだったから」とか「この色はこうだから」とか細かいことにこだわるかもしれません。

それは、てんびん座ならではのセンスの表れ。友達関係でもバランスを大事にして、誰にでも中立に、公平に接することができるのです。

やや優柔不断になりがちなところがありますので、親が一緒に考えて本人が納得する方向を探ってあげると良いでしょう。

さそり座の性格傾向や接し方のポイント

我が道をいく不思議ちゃんで、子供の頃からどこかミステリアスな雰囲気をたたえています。

生と死に敏感で、また、何事にも過剰にのめり込む傾向がありますので、親から見ると「こ、こわい・・・」と引いてしまうところがあるかもしれません。

ですが、その子は物事の本質を見極める確かな目を持っています。

ですから、興味のあることはとことん時間をかけてやらせてあげると本人も納得するのではないでしょうか。

いて座の性格傾向や接し方のポイント

常に刺激を求める冒険家。

やってみたい!行ってみたい!と思ったら次の瞬間には身体が動いているような子供です。

いつでも「今、ここにないもの」を求めるので、親から見ると興味が拡散しているように見えるかもしれません。

ですが、いて座さんはその前向きな冒険心で運命を切り開いていく人なのです。

小さいうちは親も一緒に冒険を楽しむような気持ちで付き合ってあげると良いですね。

やぎ座の性格傾向や接し方のポイント

真面目な学級員タイプ。

小さい頃から石橋をたたいて渡るタイプですから、親から見ると「意気地なし!子供なんだから、もっと元気よくガンガンいけよ~」と思ってしまうかもしれません。

ですが、その用心深さや真面目さが、社会の規範を成り立たせているとも考えられます。

やぎ座のようなタイプの人がいなければ、世の中はみんな好き放題のやりたい放題になってしまいますよ。

いずれ、社会を整えるような偉大な存在になるのだと思って、その真面目さを大切にしてあげましょう。

みずがめ座の性格傾向や接し方のポイント

常識やルールを、あえて否定して反抗してみたい人が多い星座。

子供時代から、ぶっとんだ発想で周りを驚かせる人が多いようです。

なにより自由を愛し、ルールで縛られることを嫌いますので、締め付けや押しつけは全力で拒否するでしょう。

親としては「やりにくい子だな」と思うでしょうが、その斬新な価値観は新しい未来を切り拓くために必要不可欠なもの。

独特な個性をうまく伸ばせるように、あまりあれこれ干渉しないほうが良いかもしれませんね。

ベタベタした親子関係もNGです。

うお座の性格傾向や接し方のポイント

ちょっと浮世離れしたような、ほわほわ~んとした雰囲気の持ち主。

甘えん坊でやや依存気質があるので、親にべったりでなかなか離れられない子供も多いでしょう。

親としては「一体、いつになったら一人で遊べるようになるのよ」と焦りを覚えたりするかもしれませんが、その子は人との心の交流で自分を強くしていくタイプの人です。

甘えたい気持ち、寂しい気持ち、悲しい気持ち、嬉しい気持ちに寄り添って、それを共有してあげることで少しずつ自分の脚で歩く勇気や強さが育まれていくはずですよ。

 

いかがでしたでしょうか?

一人一人、天から与えられた性質というものがあります。

そのため、親子でも違っていて当たり前なのです。

みんな違ってみんないいなのです。

星占いを使うことで、一人一人の性質を知ることができます。

そんな性質を生かしていくことで、上手に子育てを楽しめるようになるはずです。


他のどんな事でスピリチュアルを使用したいですか?