夢占いで亡くなったペットの夢の意味を知る方法!ペットからあなたへのメッセージ

夢占いで亡くなったペットの夢の意味を知る方法!ペットからあなたへのメッセージ

私たちは、毎日様々な夢を見ています。

そして毎日見る夢には、様々なメッセージが隠されています。

夢の中に、あなたの大切にしていた「亡くなったペット」が出てくることもあるでしょう。

基本的に、亡くなったペットが出てくる夢というのは吉夢になります。

今回は、ケース別に亡くなったペットの夢は何を教えてくれているのか?

亡くなったペットの夢の意味を知る方法について、ご紹介していきます。

ペットからあなたへのメッセージは?

亡くなったペットの夢の意味は大きく分けると2つ

亡くなったペットの夢の意味は大きく分けると2つ

飼っていた犬や猫、うさぎ、鳥・・・など、大切にしていたペットが亡くなると、もう立ち直れないのではないか?という程の悲しみにくれたりするものですよね。

そして、

夢でもいいから会いたい。

と思ったりするものです。

ペットに対して何らかの後悔の念があればあるほど、そうなるはずです。

この後悔についてですが、どんな状況で亡くなったとしても人は後悔するものです。

あの時こうすれば良かった。もっといろいろ出来たはず。

という後悔が募ってしまい、より悲しみに暮れてしまうようになるのです。

先ほどもお伝えしました通り、何をしてあげたとしてもかならず後悔するものです。

なので、「十分できることはした。」と思えるようになることこそ、ペットロスから立ち直るヒントとなります。

さて、夢の話に戻りますが、亡くなったペットの夢が教えてくれている意味は大きくわけて2つになります。

1つ目が、前述のような「亡くなったペットへの想い」が大きいことから、亡くなったペットの夢を見ます。

夢とは、私たちが起きてる間の思考の整理をしている。などと言われることがあります。

そんな側面から考えていくと、ペットへの想いの大きさから見る夢だということがわかります。

もう一つが、亡くなったペットからのメッセージなのです。

何か伝えることがあるから、夢に出てきてくれたということですね。

亡くなったペットとあなたが夢の中で遊んでる夢

亡くなったペットとあなたが夢の中で遊んでる夢

亡くなったペットとあなたが、一緒になって夢の中で遊んでる夢を見ることがあります。

こんな夢というのは、スピリチュアル的に見ても、夢分析としても「吉夢」と呼ばれる夢になります。

実は、このような夢というのは飼い主さんが亡くなったペットの死を受け入れたことを表す夢でもあります。

もう大丈夫。

という気持ちになってから見ることが多い夢なはずです。

とても心地よい、夢から覚めたくないと思う夢ですよね。

お互いに安心して、それぞれの世界で生きているということを象徴する夢と言えます。

亡くなったペットが生き返る夢

亡くなったペットが生き返る夢

次に、亡くなったペットが生き返る夢です。

この夢は、どちらかと言うとペットからのメッセージ的な要素が強い夢になります。

「私のことばかりに執着しないでね!自分の人生を生きてね。」

ということを教えてくれている、そんな夢と言えます。

亡くなったペットに執着してしまっていないか?

一度考えてみると良いですね。

私たち人間の魂が輪廻転生しているように、犬も猫も、うさぎも鳥も・・・

みんなどの子の魂も輪廻転生しているのです。

私たちが執着しすぎてしまうと、この世にとどまることになりなかなか天界にペットたちがいくことができません。

その結果として、魂はいつまでたっても輪廻転生することができなくなってしまうのです。

亡くなったペットが悲しんでいた夢

亡くなったペットが悲しんでいた夢

亡くなったペットの表情が、とても悲しい表情だった。

と感じる夢を見ることもあるかもしれません。

この夢は、ある種の「警告」を示してくれる夢だということができます。

ペットがあなたのことを心配してやってきてくれた、というとてもメッセージ性の強い夢ということができるでしょう。

また、「早く立ち直ってね。」というメッセージを送ってくれてることもあります。

夢から覚めた後に、

あの子は私に何を伝えようとしていたのか?

を考えてみると良いでしょう。

夢の中に、何らかのヒントが隠されているはずです。

亡くなったペットが夢の中でも亡くなる夢

亡くなったペットが夢の中でも亡くなる夢

亡くなったペットが、夢の中で再び亡くなる夢を見ることもあります。

多くの場合、ペットが亡くなった直後にこのような夢を見たりするでしょう。

この夢が意味することは、まだあなたはショックを受けている状態だとか、ストレスがたまっている状態であることを意味しています。

まだまだ、ペットの死を受け入れられていない状態だということですね。

正直言って、ペットの死を受け入れるのには時間がかかります。

でも、時間が解決してくれるのも事実です。

必ず傷が癒える日は来ます。

信頼できる人に、話を聞いてもらったりするのも良いでしょう。

心に溜めているものを表に出すことで、少しずつ少しずつ、心は軽くなっていきます。

話せる人がいないという方は、亡くなった子へのお手紙を書いてみるのもオススメの方法です。

とっても効果が高い方法なので、ペットロスから立ち直れないという方は是非されてみてください。

私もこの方法で愛犬が亡くなった後立ち直れなくなってしまった時に、少しずつ少しずつ回復することができました。

亡くなったペットと話をする夢

亡くなったペットと話をする夢

亡くなったペットといろいろな話をする夢は、ペットからのアドバイスの夢であることが多かったりします。

一般的に、「予知夢」と言われる部類になります。

夢から覚めたら、亡くなったペットとの会話を思い出してみてください。

どんな会話でしたか?

どんな感じがする会話でしたでしょうか?

会話のやり取りが思い出せなくても、「なんとなくハッピーな感じがした。」「なんとなく悲しい感じがした。」などのフィーリングが体に残っているかもしれません。

神界にいるペットがあなたの元になんらかのメッセージを伝えに来てくれたということには、必ず意味があります。

忘れないように、そんな夢を見た時には朝起きたらすぐにメモを取ってみるのもオススメです。

亡くなったペットの夢を見る方法

亡くなったペットの夢を見る方法

夢でもいいから、亡くなったあのこに会いたい!

でもどうしたら、亡くなったペットの夢を見れるんだろう?

と思われてる方も少なくないはずです。

私もずっとそう思ってました。

亡くなったペットの夢を見る1番の方法は、「ペットの死を受け入れること」です。

受け入れられていない間は、亡くなった子も心配してあなたの元に訪れると余計ペットロスがひどくなってしまうのでは?
などと考えたりするものです。

受け入れることで、安心してあなたの所に遊びに来てくれるようになります。

亡くなったペットの子も、いつまでもあなたに悲しんでいて欲しくないのです。

亡くなった子の魂は、まずは虹の橋と呼ばれる天界にある場所に行き、そこでしばらくの間過ごします。

そして時が来たら、また魂は転生していきます。

犬だった子が、次は猫になっていることもあるでしょう。

また素敵な人生を生きるために、転生してこの世界にやって来ます。

今度は違う国に生きていることもあるかもしれません。

私たちの執着は、そんな輪廻転生を阻むものだということを忘れないようにしましょう。

あなたの中で一区切りがついた時に、必ず亡くなった子はあなたの夢に出てきてくれます。

全然亡くなったペットの夢を見ない!

という方も、忘れてしまっているだけで、ちゃんと夢に来てくれてることだってあるのです。

残念ながら、私たちはたくさんの夢を一晩で見ますが、忘れてしまう生き物なのです。

夢を忘れたくない!

という方は、夢を忘れないために枕元にノートとペンを置き、起きた時に忘れずにメモする習慣をつけてみると良いでしょう。

そうすることで、夢を覚えていられるようになっていきます。

朝起きた時に、目覚ましの音を聞いたりすることで夢は飛んで行ってしまいます。

優しい音色の目覚まし時計などにすることで、夢を忘れないようにもできますよ。

亡くなったペットの夢まとめ

亡くなったペットの夢まとめ

亡くなったペットたちの夢を見たら、とっても幸せな気持ちになるものです。

まだ受け入れられていないという方は、少しずつでも良いので、ペットの死を受け入れられるようになること、ペットが何か伝えたがっていたという夢を見た方は、メッセージを解読してみると良いですね。

何らかのメッセージが、必ず潜んでいるはずです。

亡くなったペットの子からの個人的なメッセージを知りたい!

という場合は、亡くなったペットと会話ができる先生にお願いしてみるのも一つの方法です。

チャネリングができる方であれば、亡くなったペットの子とチャネリングを通じて会話をすることができます。

亡くなったペットの子と会話ができる占い師がたくさん在籍されているのが、電話占いです。

以下より、初回限定10分無料や20分無料などのクーポンを利用できますので、亡くなったペットからのメッセージ、夢分析をしていただくことも可能です。

無料で亡くなったペットからのメッセージをいただきたい方はこちらをクリック

夢占いだけじゃなく、どうすれば立ち直ることができるのか?

アドバイスもいただけるはずです。


他のどんな事でスピリチュアルを使用したいですか?