2018年の金星の逆行中にするべきことと開運方法

2018年の金星の逆行中にするべきことと開運方法

2018年10月6日から、金星が逆行を開始しています。

金星の逆行は、11月16日まで続きます。

水星の逆行ほど頻繁に起こらない金星の逆行ですが、どんなことが起こる時と言えるのでしょうか?

金星の逆行期間中にするべきことと、開運方法についてご紹介します。

2018年金星の逆行期間

2018年金星の逆行期間

今現在、金星が逆行を開始しています。

金星が逆行するのは、約1年半に一回となり、水星のように年に3回も逆行するようなペースではありません。

そして金星の逆行は、約40日ほど続きます。

太陽と月以外の惑星は逆行しますが、この逆行期間というのは、私たちに「過去の見直しをしましょう」「やってきたことを振り返ってみましょう。」

ということを教えてくれる、そんな期間となります。

前に進むばかりでは、人は成長しません。

私たちの成長を促してくれるために、このような期間を提示してくれてるんですね。

10月6日から11月16日までの金星の逆行期間にすると良いこと

10月6日から11月16日までの金星の逆行期間にすると良いこと

それでは、この金星の逆行期間には、何をすれば良いのでしょうか?

金星が逆行している約40日の間は、金星の象徴することについての見直しをするべき期間となります。

また、10月6日からさそり座、また11月2日にてんびん座で逆行し11月16日に順行に戻ります。

どこの星座で逆行するか?

も加味していく必要があります。

この期間には、金星の象徴する「恋愛、お金、価値観」についての大幅な見直しが必要でしょう。

さらに、パートナーシップにも目を向けるべき時です。

なんとなくズルズルと付き合ってきてしまった!

という方は、考えるべき時がきました。

あなたの将来に、彼は本当に必要な人ですか?

さそり座で金星の逆行が起こるということは、新しく生まれ変わることが出来る時でもあります。

辛い恋愛とさよならするなら、今なのです。

そして、過去の恋愛がどうしても忘れられない。

自分にとって本当に必要だと思われてる方は、復縁のチャンスでもあります。

過去が引き出される=復縁です。

あなたにとって彼は本当に必要な人であるならば、一度連絡してみると良いでしょう。

今回の金星の逆行の1番大切なテーマは、恋愛関係の見直しとも言えそうですね。

金星の逆行で開運する方法

金星の逆行で開運する方法

さて、今回の金星の逆行を利用して開運するためにはどうしたらいいでしょうか?

人間関係や、恋愛関係、そしてお金の問題だったり価値観を見直してみることで、手直しする部分が出てくることもあるでしょう。

開運のポイントは、断捨離です。

捨てれば入ってきます。

このことに注目して、いらないものはどんどんそぎ落としをしていくと良いでしょう。

11月16日に順行に戻った時に、良いスタートを切れるように、身軽になっておくことでどんどん開運していけるはずです。