占星術で「海王星」の持つ意味!うお座の守護星である海王星の性質を理解して開運する方法

占星術で「海王星」の持つ意味!うお座の守護星である海王星の性質を理解して開運する方法

占星術で海王星とは、「現実離れしたもの」を象徴する惑星とされています。

そんな海王星ですが、うお座の守護星としてうお座に多大な影響を与えています。

海王星の性質を理解して、開運していく方法をご紹介します。

海王星はどんな惑星なの?

海王星はどんな惑星なの?

海王星と聞いても、なかなかピンとこない方も多いはずです。

一番はうお座の守護星としての役割を担っている惑星ですが、地球から遠く離れている惑星であり、発見も遅く1846年というロマン主義の時代に発見された惑星です。

海王星は一つの星座に14年程滞在し、一周するのに約164年かかるとされています。

そのため、個人に対して影響を与える星というよりも世代全体に大きな影響を与えるそんな星だとされています。

海王星が私たちに与える影響とは?

海王星が私たちに与える影響とは?

海王星は、ふわっとした目に見えないものだったり現実離れしたものを象徴すると言われています。

また、本当は避けなければいけない危ないけどはまってしまうものなども、海王星が表しています。

幻想や理想も象徴するため、うお座の方は夢見がちなどという表現をされたりします。

うお座の方というのは、海王星の影響を多大に受けているためです。

うお座の特徴については、以下の記事も参照されてみてください。

また、海王星は他者と自分の間にある境界線を溶かすとされています。

そのため、海王星の影響を多大に受けると他人に共感するのが得意だったりするようになります。

海王星の影響がプラスに働くと、共感力に優れた人だったり、カウンセラータイプに向いています。

また、マイナスに働いてしまうと、依存だったり現実逃避の方向に向かってしまうという特徴を持っています。

また、海王星は金星にも似た特徴を持っていて、「愛」を表すこともあります。

金星との違いは簡単で、金星は恋愛を表し、海王星とは慈悲的な愛、無償の愛などを表すとされています。

金星よりも崇高な存在なのが、海王星という惑星の存在なのです。

海王星の持つキーワードとは?

海王星の持つキーワードとは?

それでは、海王星の持つキーワードについて見ていきましょう。

海王星は、慈悲、検診、霊感、裏切り、あやふやなもの、海、液体(アルコール)、ドラッグなどを象徴するとされています。

また、現実から隔離された場所も海王星が表します。

海王星の影響を強く、そしてマイナスな形で受けている人とは、アルコールだったりドラッグなどにはまりやすい人だったりするのです。

もちろん自分次第で、惑星から受ける影響は変えていくことができます。

そのためには、まず自分自身がどんな影響を受けているのかを知る必要があります。

知ることで、妙に腑に落ちることって世の中にはたくさんありませんか?

あやふやで、なんだか良く分からないから辛いのです。

そんなことを一つ一つ明らかにしていくことで、自分自身の捉え方が変わっていきます。

海王星の影響を多大に受けるときというのは、うお座の新月、満月のときとなります。

うお座の新月、満月の際には、海王星の持つパワーを多大に受け取ることができるので、豊かなインスピレーションを得たり、直感が働いたり。

海王星のパワーを得ることができます。

他者との境界線をなくすということは、海王星のパワーを得ることで誰とでも仲良くなることができるパワーを持ち合わせています。

また、誰でも受け入れることができる自分になりたいという方も、海王星のパワーをいただくことで変われるはずです。

反対に、人の気持ちに鈍感な自分とさよならしたり、パートナーと深い部分で繋がれたいと思う方にも海王星のパワーは絶大です。

海王星の性質を理解することで、うお座の新月、満月の時にパワーをたっぷりといただくことができます。

惑星からのパワーに注目することができるようになると、これから先の人生どんどん開運することができるはずです。