12月23日のかに座の満月!2018年最後の満月に開運する方法

12月23日のかに座の満月!2018年最後の満月に開運する方法

12月23日は、かに座で満月が起こります。

2018年のラストを飾る満月ですね。

そんな今年最後かに座の満月の詳細情報、そして開運する方法をご紹介します。

11月23日のかに座の満月!2018年最後の満月詳細

11月23日のかに座の満月!2018年最後の満月詳細

11月23日、2時49分にかに座で満月が起こります。

前日の11月22日が冬至なので、冬至の後初めての満月ということになりますね。

冬至は、新しく太陽が復活してエネルギーが切り替わる日です。

そのため、太陽のエネルギーもたっぷりと受ける、エネルギーの切り替えの満月とも言えます。

冬至についての詳細情報は、以下の記事よりチェックされてみてください。

かに座の満月の特徴は、なんといっても自身の星座で迎える満月だということです。

かに座といえば、月に守護されている星座です。

そのため、他の星座で起こる満月以上にとっても影響力の強い満月と言えます。

普段はあまり月のエネルギーを感じられない。

という方も、月のパワーを感じやすい満月と言えるのが、今回の満月なのです。

かに座の満月のキーワードは?

かに座の満月のキーワードは?

かに座といえば、感情という性質を強く持った星座になります。

また、安定した居場所を築くこと、家庭を大切にするという性質を持つ星座でもあり、潜在意識の部分、心の内側を意味する星座でもあります。

月が潜在意識を意味する惑星なので、その性質を強く受け継いでいるのがかに座という星座なのです。

今回の満月は、かに座0度で起こる満月です。

そのため、かに座のスタートのエネルギーがとても強くなる満月です。

心の奥深くときちんと向き合うことで、今の状況を変えていこう。

というエネルギーの満月ですね。

1日前に冬至を迎え、エネルギー的に新しいエネルギーに切り替わっています。

今の状況を変えたい。

と思われてる方も、多いでしょう。

そんな方々にとっては、絶好のチャンスと言える満月なのです。

かに座の新月に手放したいこと

かに座の新月に手放したいこと

かに座の新月に手放したいことは、なんといっても不安です。

かに座という星座は、自分の殻に閉じこもってしまう、そんな性質を持っている星座です。

何かあると、硬い甲羅を閉ざしてしまい、甲羅の内側に入ってしまうのです。

自分の殻に閉じこもっていては、何の解決もできません。

新しい一歩を踏み出すことこそ、大切なのです。

何かを始めようと思えば、不安が伴って当然です。

生きていれば、いろいろなことが不安になってしまうのも当たりまえのことなのです。

そんな不安を手放すことで、新しいスタートを切ることができます。

新たな出発のためにも、不安という感情ををまずは手放してみましょう。

2018年のかに座の満月にすると良いこと

2018年のかに座の満月にすると良いこと

2018年、今年最後のかに座の満月には何をするのがオススメでしょうか?

ホロスコープを見てみると、牡羊座の天王星がかに座の月を刺激しています。

天王星といえば、変化のエネルギーの惑星です。

何か改革を起こす。

そんなことを象徴している惑星が、天王星なのです。

今回のかに座の満月のエネルギーを借りて、天王星の力も利用することで、変化のエネルギーを存分に得ることができます。

変化には、痛みが伴うこともあるかもしれません。

そんな変わることに対する恐れをぬぐいさってくれるのが、今回のかに座の満月なのです。

少しずつ少しずつ、居心地の良い、過ごしやすい居場所を築いていくことで、生きやすくなっていきます。

居場所を築くためには、自ら動くことが必要です。

待っていても、何も変わらないのです。

宇宙のエネルギーは、活動的な状態です。

何と言っても、5つの天体が活動宮に位置しているのですから。

宇宙の力を借りて、かに座の満月に開運してみませんか?

あなたが自覚して、動くことで、どんどん開運していくことができるはずです。