満月の日にするべき事9選!満月のパワーを借りて開運する方法

満月の日にするべき事!満月の月のパワーを借りて開運する方法

満月の日にするべき事ってご存知ですか?

新月には新月の日の、そして満月には満月の日のパワーがあります。

月のサイクルに沿って生活していくことで、新月、満月のパワーを最大限吸収することができるようになります。

様々な情報がインターネットに出回っていますが、満月の日にする事で一番大切な事は、達成できた事に感謝をする事、そして今の自分に必要のない事はお見送りする事です。

最強の浄化のエネルギーの頂点の日が、満月の日なのです。

満月の日にするべき事について、そして満月の月の力を借りて開運する方法をご紹介します。

合わせて、2019年の満月表、ボイドタイム表、どの星座で満月が起こるかによって変わる満月のパワーについて、また、満月のおまじない、満月のアファメーションについて追記しました。

目次

月のサイクルを知る!満月のパワーで開運する方法

月のサイクルと、各満月のパワー

満月のパワーを吸収することで、どんどん開運していく事が出来るようになります。

もちろん月のパワーを得られるのは、満月の時だけではありません。

月のサイクルにより、得られるパワーが異なるのです。

例えば、新月は始まり、スタートのエネルギーが強い時だとされています。

そのため、何かを新しく始めるのに最適な時期なのが新月の時期なのです。

新月から月が育っていくと、上弦の月となります。

上弦の月とはあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、この時期はあらゆる物事が成長できる時で、生き生きと頑張れる時が上弦の月の時期です。

満月の頂点に向けて、どんどん成長していく時期がこの時期ですね。

エネルギーに満ち溢れ、やる気も満ちています。

そして達成のエネルギーが頂点になるのが満月の時です。

満月の時は、同時に浄化のエネルギーも最大になる時です。

月のパワーを借りていらないものを浄化するのにも適した日と言えます。

あなたの中にあるいらないものをどんどん断捨離していくのに適しています。

そして、どんどんいらないものを排除していく、デトックスに向いている下弦の月の時期が訪れます。

下弦の月の時期には、次の新月に向けての準備も進めます。

いらないものがあると、新しいものは入ってきません。

不要なものに気付いたら、いらない物をどんどんデトックスしていくべき時期なのです。

そして、スタートの新月に戻ります。

満月の日に一番するべきことは感謝の気持ちを持つこと

満月の日に一番するべきことは感謝の気持ちを持つこと

それでは、満月の日にするべき事についてチェックしていきましょう。

大切なポイント順に解説していきます。

1・感謝の気持ちを持つこと

満月の日にするべきことは色々ある中、一番大切になってくるのが感謝の気持ちを持つことです。

達成のエネルギーが強い日こそ、満月の日です。

何かを達成できたのであれば、まずはじめにするべきことって感謝をすることですよね?

どんな状況であれ、何かに感謝をすることで良い循環が生まれます。

感謝の気持ちこそ、開運していくための原動力となるのです。

次に進むためにも、感謝の気持ちを持つのとないのでは雲泥の差となります。

どんな時でも、感謝の気持ちを持つことを大切にしていくことで道は開けるでしょう。

2・浄化のエネルギーを借りて心身ともに浄化すること

浄化のエネルギーを借りて心身ともに浄化すること

満月の日は、浄化のエネルギーが最大となる日です。

あなたの中にあるどす黒いものだったり、洗い流してしまいたいものってありませんか?

そんなものたちを浄化するべきなのが、満月の日となります。

心配しないでくださいね。

誰にでも、そういうどす黒いものってあるものです。

知らず知らずのうちに溜まってしまうものなのです。

そんな膿のようなものを定期的に、満月の日に浄化をしてあげることで心は軽くなっていきます。

どんどん溜めてしまうから、あなたの中でどす黒いものの存在が大きくなってしまうのです。

せっかく天から得られるエネルギーです。

活用しない手はないでしょう。

満月の日に、あなたの心の内側にある不要な感情を浄化していくことで、心身ともに健やに過ごしていくことが出来るようになります。

3・満月は軌道修正のサイクル!新月の日に立てた誓いを見直そう

新月の日に立てた誓いを見直してみること

新月の日は、誓いを立てるのに適した日です。

そんな新月の日に立てた誓いを見直してみるべき日なのも満月の日なのです。

月は新月から満月に向けて、大きく成長していきます。

頂点に達するのが満月の時なので、一度振り返るタイミングになる訳です。

満月の日に見直してみて、

  • 達成できたことは感謝をすること
  • 自分には不要だなと思うことは断捨離すること

が重要になってきます。

そんな簡単に軌道修正できないよ!

という方もいらっしゃるかもしれませんが、あなたにとって本当に大切なものなら、また必ずチャンスが訪れます。

今のあなたに不要だと感じるものでしたら、どんどん断捨離していって問題ありません。

ビジネスでも、PDCAを回していくのはとっても大切なことです。

人生も同じなのです。

「満月の日のパワーを借りて見直しを行うこと」こそ、人生をよりハッピーに生きて行く秘訣なのです。

西洋占星術では、満月の日は前回同じ星座で新月が起こった時のお願い事が達成している時が満月の時だと言われています。

成果を確認できる時ということですね。

具体的には、いて座の新月で行ったお願い事は、半年後のいて座の満月の時に叶うということになります。

ぜひ、この点も意識してみてください。

4・手放したいことを解放、お見送りすること

手放したいことをお見送りすること

なんとなく、もやもやした気持ちとか、ネガティブなエネルギーとか、全て満月の日にはお見送りしてみてください。

断捨離という言葉を使いますが、断捨離は何も形あるものに限った話ではありません。

例えば、あなたにとって今不要な人間関係も断捨離の対象と言えます。

いらないもの、不要なものはどんどん断捨離していくことで、すっきりと暮らしていくことができます。

人間関係も、今不要な人間関係であれば、断捨離することで新たな人間関係を作っていくことができます。

さらに言うと、新たなステージに行くこともできるようになるかもしれません。

直感に従い、今のあなたにとって必要なものを整理してみてください。

合わせて、ずっと手放したいと思ってた悪習慣を手放すのにも、満月のパワーはもってこいです。

5・満月のパワーで金運アップ!お財布フリフリをしよう

満月のパワーを借りて開運するならお財布フリフリも重要

また、満月といえば前述の通り達成のエネルギーに溢れてる時です。

そして、満ちた月とは金運アップの象徴です。

エネルギー溢れる月に向かって、お財布をフリフリしてみてください。

お財布フリフリをすることで、どんどん金運アップできたという方は大勢いらっしゃいます。

お財布フリフリのポイントは、お金を循環させるイメージを持ちながらお財布の月光浴を行うことです。

お金は、感謝して使うことで巡り巡って自分の元へ帰ってきてくれる存在です。

その点を意識されることで、より一層満月のパワーを吸収することができるでしょう。

金運アップのお財布フリフリについては、以下の記事に詳しく書いてますので以下の記事もチェックしてみてください。

6・自分と向き合う時間を作ろう

満月の日は自分と向き合う時間を作る

満月とは、月が満ちるときです。

女性は月によく例えられたりしますが、満月のときは「自分自身も満たしてあげること」が非常に大切になってきます。

具体的には、自分自身が心から満たされることを満月にしてみると良いでしょう。

私の場合でいうと、マッサージに行ったり、エステに行ったり。

心と体が喜ぶことを行うようにしています。

また、自分自身と向き合う時間を作ることも大切です。

「どうしたら自分の心は満たされるか。」は、心と向き合わなければわかりませんよね?

それを知るためにも、人生の満足度を上げていくためにも、5分でも10分でもいいので、そんな時間を作ってみると良いでしょう。

月は、内面を表すと言われています。

占星術では、潜在意識を意味したりもするのが月の役割です。

つまり、満月の時というのは、心の内側を満たしてあげると良い時ということにつながっていくのです。

7・満月の日はアファメーションをしよう

満月の日はアファメーションをする

アファメーションとは、自分自身に対する誓いを立てることです。

新月の日にもアファメーションは行いますが、新月の日のそれとは異なります。

新月のアファメーションは、何かを新しく始めることに対するものだったりします。

それに対して満月の日のアファメーションは、「満たされてることに感謝をするアファメーション」がオススメになります。

例えば、

「私はいつも、使いたい時に使えるだけのお金で満たされています。」

「半年前の新月に立てたアファメーションは具現化できています。」

など、満たされてること、感謝することに対するアファメーションを行うのがとっても満月の日のパワーに即しています。

8・あるものに感謝をしよう

満月の日はあるものに感謝する

私たちは、どうしても外側に外側に答えを求めがちですよね?

今持ってるものではなく、持ってないものに目がいってしまいがちだったりします。

満月といえば、感謝の時です。

せっかくのタイミングなので、「自分で既に持っているもの」に感謝をしてみましょう。

このワークは、実はハッピーな人生をクリエイトしていく上で非常に重要なワークになります。

あるものに感謝できるようになる事で、どんどん満たされた人生を送れるようになるからです。

9・許しの時

満月の日は許す時

生きていれば、いろいろなことがあって当然です。

許せない人、許せない出来事に出会うことも少なくないでしょう。

でも、許せないと思う感情を一番傷つけるのは、あなた自身です。

とっとと手放し、許してしまうことで一番楽になるのはあなた自身なのです。

許すことで、様々なことから解放されます。

浄化が起こり、手放すことができるようになります。

浄化のエネルギーがマックスな満月のパワーを借りて、許すことをしてみましょう。

どんどん心も体も軽くなっていくはずです。

満月の日にしてはいけない事3選

次に、満月の日にはしてはいけない事についてご紹介していきます。

満月には、非常に強いパワーがあります。

なんでもそうですが、この世で起こる事は良い面もあれば悪い面もあって当然です。

陽があれば、陰があって当然だからです。

1・満月の日のダイエットはやめよう

満月の日はダイエットをしない

ダイエットといえば、女性にとっての永遠のテーマですよね?

残念ながら、満月の日はダイエットには不向きです。

その理由は、満月のパワーの一つ「吸収力」にあります。

満月といえば、皆様ご存知の通り、吸収の力が最大になる時です。

そのため、食べたら食べただけ、身になってしまう、つまり太ってしまうのです。

気をつけるべきなのは、満月=吸収力最大の時なので、添加物などを摂取するとそのまま体に吸収されてしまうという事も覚えておくと良いかもしれませんね。

2・衝動買いもNG

満月の日は衝動買いをしない

また、それに伴い衝動買いもNGとなっています。

惹きつけられるように、いろいろなものが欲しくなってしまうことが満月の日には多いと言われています。

これもみな、満月の吸引力というパワーによるものなのです。

ウインドーショッピングに出かけるという時には、「本当にこれは欲しい?心から欲しい?」と自分に確認してみると良いですね。

3・バタバタ過ごすのもNG

満月の日はバタバタ過ごさない

満月の時というのは、どうしても気が焦ってしまったりする時です。

衝動的になりやすい時とも言いますね。

昔から、満月の夜には狼男が出るなんて言われたものです。

それも、月の引力に誘われて衝動的になってしまうからなんですね。

そんな満月の時は、外へ外へ出て行くよりも、自分の内側ときちんと向き合いゆっくり過ごしてみると良いでしょう。

どの星座で満月が起こるかで変わる満月のパワー

満月は毎月起こりますが、毎月違う星座で満月が起こってるのをご存知でしょうか?

どの星座で満月が起こるか!
によっても、するべきことは変わってきます。

今までご紹介してきたするべきことは、すべての星座で起こる満月に共通することです。

これから先は、起こる星座別に、すると良いこと、手放すと良いものについて解説していきます。

より「満月のパワーを吸収したい」という方は、満月が起こる星座別の満月にすることも参照してみると良いでしょう。

1・おひつじ座の満月にすること・手放すこと

おひつじ座の満月の日にすること・手放すことについて

すること
  • ありのままの自分について考えてみること
  • 自分の挑戦を振り返ってみること
  • 計画や企画などの軌道修正を行うこと
  • 熱意、情熱の再確認をすること
手放すこと
  • 自己中心的こと
  • 強引さ
  • わがまま

2・おうし座の満月にすること・手放すこと

おうし座の満月の日にすること・手放すことについて

すること
  • 豊かさについて再確認すること
  • 五感を満たしてあげること
  • 受容すること
  • 自分は何で満たされるか?考えてみること
手放すこと
  • 独占欲
  • 頑固さ
  • 心の中に溜め込んでしまっているものたち

3・ふたご座の満月にすること・手放すこと

ふたご座の満月の日にすること・手放すことについて

すること
  • 社交性について考えてみること
  • 情報を得ること
  • 行動すること
  • 人間関係の整理をすること
  • 器用さのパワーを得ること
手放すこと
  • 優柔不断
  • 神経質
  • 八方美人

4・かに座の満月にすること・手放すこと

かに座の満月の日にすること・手放すことについて

すること
  • 基盤を作ること
  • 家族関係の見直しをしてみること
  • 精神的に安定するためにはどうしたらいいか?考えてみること
  • 感情を見直してみること
手放すこと
  • 不安感
  • 独占欲
  • 不安定な感情

5・しし座の満月にすること・手放すこと

しし座の満月の日にすること・手放すことについて

すること
  • 自分らしさとは?考えてみること
  • 小さなことから自信を得る習慣をつけること
  • 表現すること
  • 人生を楽しむこと
手放すこと
  • 百獣の王的な部分
  • 傲慢さ
  • いらないプライド

6・おとめ座の満月にすること・手放すこと

おとめ座の満月の日にすること・手放すことについて

すること
  • やってきた事を整理整頓する事
  • 反省、分析して次に活かす事
  • 長期計画を立てる事
手放すこと
  • 完璧主義
  • 批判的、皮肉やさんなところ
  • 自他共に細かすぎる部分

7・てんびん座の満月にすること・手放すこと

てんびん座の満月の日にすること・手放すことについて

すること
  • パートナーシップについて考えてみること
  • コミュニケーション能力を得ること
  • 美を磨くこと
手放すこと
  • 八方美人さ
  • 依存
  • うわべだけの付き合い

8・さそり座の満月にすること・手放すこと

さそり座の満月の日にすること・手放すことについて

すること
  • 誠実さについて考えてみること
  • 内省すること
  • 潜在意識と向き合ってみること
手放すこと
  • 警戒心
  • 嫉妬心
  • 独占欲

9・いて座の満月にすること・手放すこと

いて座の満月の日にすること・手放すことについて

すること
  • しがらみから自由になること
  • 学びたい事の学びを深める事
  • 旅行に行く、もしくは計画を立ててみる事
手放すこと
  • 協調性のなさ
  • 中途半端さ
  • 軽率さ(よく言えばおおらか、悪く言えば適当)

10・やぎ座の満月にすること・手放すこと

やぎ座の満月の日にすること・手放すことについて

すること
  • 達成感を得ること
  • ゴールを見直してみること
  • 人生の目標設定をすること
手放すこと
  • 用心深さ
  • 自信のなさ 
  • 自己否定

11・みずがめ座の満月にすること・手放すこと

みずがめ座の満月の日にすること・手放すことについて

すること
  • 発想の転換をすること
  • 個性について考えてみること
  • 同じ目的を持つ仲間と関わること
手放すこと
  • 無関心なこと
  • ハチャメチャすぎること
  • 冷酷な部分

12・うお座の満月にすること・手放すこと

うお座の満月の日にすること・手放すことについて

すること
  • スピリチュアル性を磨くこと
  • 最大の浄化のパワーを利用して浄化すること
  • 許すこと
手放すこと
  • 現実逃避
  • 被害者意識
  • 妄想

2019年版満月の起こる日&星座&ボイドタイム表

それでは、2019年1月~12月までの満月の日程、そして満月が起こる星座をチェックしていきましょう。

ボイドタイム票も合わせて記載します。

ボイドタイム補足
ボイドタイムとは、月がどの惑星とも関わりを持たない時間帯を指します。

つまり、他の星座の影響を受けていない時間という事で、アメリカなどでは「魔の時間帯」などと呼ばれたりもします。

ボイドタイムを気にしすぎる必要はありませんが、感謝のワークなどを行う時にはボイドタイムはできるだけ避けたほうが良いかも知れません。

もっと詳しいボイドタイムの解説は、以下よりチェックしてみてください。

満月の日: 起こる星座 ボイドタイム
1月21日 (日) 14:17 獅子座 ボイドタイムなし
2月20日 (水) 00:54 乙女座 21日 10:52 ~ 23:18
3月21日 (木) 10:43 天秤座 ボイドタイムなし
4月19日 (金) 20:13 天秤座 19日 20:14 ~ 21:42
5月19日 (日) 06:12 蠍座 19日 6:13 ~ 10:22
6月17日 (月) 17:31 射手座 17日 17:31 ~ 18日 1:14
7月17日 (水) 06:39 山羊座 17日 6:39 ~ 18:20
8月15日 (木) 21:30 水瓶座 16日 10:03 ~ 12:51
9月14日 (土) 13:33 魚座 14日 13:33 ~ 15日 7:33
10月14日 (月) 06:08 牡羊座 14日 6:59 ~ 15日 1:24
11月12日 (火) 22:35 牡牛座 13日 0:49 ~ 17:47
12月12日 (木) 14:13 双子座 12日 14:13 ~ 13日 8:24

満月の日に最強のパワーを得るためのおまじない

満月の日のパワーをもっともっと頂きたい!

という方のために、満月の日のおまじないも合わせてご紹介します。

1・満月水を作ろう

満月の日のおまじない。その1.満月水

満月といえば、満月水です。

満月の日に、外にお水を出しておくことで満月のパワーを吸収できるというものですね。

ブルーの瓶がオススメだと言われてますが、持ってないという方、衛生面が気になるという方は、ペットボトルのままのお水を外に出しておくだけでも満月水は作れます。

満月水は、洗顔にも使えますしお風呂に入れるのもよし、そして飲むことで体全体に満月のパワーを吸収できます。

満月水のことをもっと知りたいという方は、以下の記事も参照してみてください。

2・満月の日にお掃除をしよう

満月の日のおまじない。その2.掃除

え?お掃除がおまじない?

なんて思わないでくださいね。

お部屋がキレイになる事で、心もスッキリします。

これって一種のマジカルな出来事ですよね?

魔女の世界では、儀式の前に空間を浄化し、キレイにする事は当たり前のお話です。

できれば、満月の日にお部屋の浄化も兼ねて、魔女の世界でよく用いられている「ホワイトセージの葉っぱ」を使ったお部屋の浄化をしてみるのもとってもオススメです。

心も体も浄化できるおまじないですよ。

3・月のモチーフのアイテムをゲットしてみよう

満月の日のおまじない。その3.月のモチーフのアイテム

月のモチーフはお好きですか?

新月、満月に興味があるという方は、月のモチーフに目がないという方も多いのではないでしょうか?

開運グッズである必要はありません。

「これだ!」と思う月のモチーフのグッズを手に入れたら、願掛けをしてみてください。

ポイントは、既にその願いが叶ってるかのようにお願いすることです。

そして、いつも身につけているとさらに良いですね。

それを身につけていると幸せな気持ちになれる、そんな月モチーフのアイテムが手に入ると良いですね。

月とともに、「ツキ」を得ることができますよ。

4・満月のパワーウイッシュノートを使ってみよう

満月の日のおまじない。その4.パワーウイッシュノート

keikoさんといえば、この世界では大変有名な方ですね。

そんなkeikoさんが発売されているのが、満月のパワーウイッシュノートです。

毎月、満月の際にお願い事を書くことで願いが叶うというもので、とても使い易い構成になっています。

本屋さんに行けば大抵手に入りますが、ご自身でノートに「満月の日のパワーウイッシュ」を書かれてみるのもオススメです。

その際には、上記のどの星座で満月が起こるか?も参考にしてみてください。

5・大天使ミカエルのパワーを借りよう

満月の日のおまじない。その5.大天使ミカエル

大天使ミカエルとは、天使界のリーダー的存在です。

ミカエルの力を借りる事で、満月の日に簡単に浄化を行う事ができます。

まずは、ミカエルと繋がりますと意図します。

ミカエルと繋がったら、ミカエルの青い光をイメージしてみてください。

ミカエルは、不要なものを取り払ってくれたり、浄化をしてくれたり、いつも私たちを見守ってくれる存在です。

「大天使ミカエル、私の中にある不要なものを、あなたの力で取り払ってください。」と意図し、天界からミカエルがホースであなたの中にある不要なものを吸い取ってくれているイメージをしてみましょう。

エネルギーワークの一つですが、とってもスッキリします。

満月のパワーについてのQ&A

満月のパワーについてのよくある質問をまとめてみました。

Q:
曇ってる日や雨の日で満月が見えなくても、パワーはあるのでしょうか?

A:
満月は見えなくても、雨が降っていても、パワーに変わりはありません。

月のサイクルは、宇宙で起こっていることです。

そのため、雨が降ったから今日は月の移動は中止ね!

なんて事は、起こりえませんよね?

月が見えなくても、どんな状態であれ、満月のパワーは注がれています。

安心してください。

Q:
新月にお願いした事が何も叶ってないんですけど、そんな時も感謝する必要があるんですか?

A:
新月のお願い事がかなっていないという場合、新月のお願い事が大きすぎることだった!
という事があるかもしれません。

半月サイクルでのお願い事をしているか?

確認してみると良いでしょう。

また、半年前の同じ星座での新月の時にしたお願い事も確認してみてください。

その時のお願い事が実現できているかもしれません。

満月の日にすることと満月のパワーで開運する方法まとめ

月のサイクルに従って生きることで開運へ

月の各時期にするべきことを行いながら、月のリズムに合わせて生きて行くことでどんどん開運していくことができるようになります。

もちろん一ヶ月や二ヶ月続けた位では、あまり変わらないかもしれません。

変化を感じられなくても、続けてみてください。

継続は力なりです。

まずは、毎月の満月をノートに書き写し、さらに何座で満月が起こるのか?
を確認しておくと良いでしょう。

そして、しばらくの間「満月の日にすること」を実践してみてください。

月から得られるパワーは本当に計り知れないんだということに気づくはずです。

いつからでもスタートできます。

思い立った時こそ、吉日ですよ。


他のどんな事でスピリチュアルを使用したいですか?