好きな事ややりたい事がわからない時の対処法!嫌いな事に目を向けてみませんか?

好きな事ややりたい事がわからない時の対処法!嫌いな事に目を向けてみませんか?

これからの時代、好きなことややりたい事をやっていくのが良い時代だと言われています。

そうは言っても、好きなことややりたいことが分からない!という方って結構いらっしゃるものです。

そんな時の一つの方法として、逆張りをしてみるという方法があります。

嫌いなことに目を向けてみることで、好きなことに気づく方法をご紹介します。

好きなことややりたい事が分からない時

好きなことややりたい事が分からない時

自分は一体何がやりたいんだろう?

何でみんな、好きな事だったりやりたいことがあるんだろう?

と思われてる方って、少なからずいらっしゃるはずです。

そんな方も、あなたの好きなことややりたい事にまだ気づいていないだけで、必ずあなたの中に好きなことだったりやりたいことは存在しているものです。

毎日忙しかったり、日々の生活に追われていて、気付けていないだけだったりします。

自分で何がやりたいか分からないというときに、漠然と考えても出てくる訳ないですよね?

余計頭が煮詰まってしまったり。

もういいや!という気持ちになってしまったり、様々でしょう。

好きなことややりたい事が考えても分からないという時は、反対側から考えてみるのも一つの方法なのです。

嫌いな事ややりたくない事は何ですか?

嫌いな事ややりたくない事は何ですか?

好きなことややりたい事がないという方でも、嫌いな事ややりたくない事がないという方はあまりいないのではないでしょうか?

これは嫌だなと思うものを、すべて出してみてください。

選ぶのではなく、あなたの中にあるものをすべて出し切ってみるのがオススメです。

これと比べてこれはまだマシ…。

という発想は止めてみてください。

例えば、長時間労働は嫌。同じ作業を永遠に繰り返すのは嫌。

人と接する接客業は嫌。

人間関係が複雑なのは嫌。

とか、いろいろ出てきますよね?

やりたくない事は、パソコン作業。

お客様と一対一になる仕事。

ルーティーンになってしまう事も嫌。

などと、嫌な事を出している中で、自分はこういうことが嫌だったんだ!ということに気づいたりします。

それをじっと見つめてみると、やりたいことが浮かび上がってくることもあったりします。

今まで自分はそれを嫌だと思ってたということを知り、驚くこともあるでしょう。

こうして自分の気持ちをすべて出し切ってみることで、見えてくること、気づけることって必ずあります。

自分と向き合う時間を作ってみよう

自分と向き合う時間を作ってみよう

そして、自分自身の本当の気持ちと向き合う時間を作ってみてください。

何でそれが嫌なのか?

一つ一つ理由を書き出していくのもオススメです。

そういう仕事を差し引いていった結果、残るのはどんな仕事でしょうか?

こういう仕事!的な感じで、書き出すことができるはずです。

「自分はこういう仕事がしたかったのね!」ということに気づける瞬間です。

その中から、自分自身の夢に気づけるかもしれません。

これから先の人生の目標を設定できるかもしれません。

人生は、ダラダラ生きるよりも、何かしらの目標を見つけて生きた方が充実していきます。

これから先の人生を充実した人生にしていくためにも、どんどん自分の人生を切り開いて行きませんか?

そのためには、好きなこと、やりたいことに気づくことがとっても大切なことなのです。