人生のターニングポイント。四柱推命で占う「空亡」って何?

人生のターニングポイント。四柱推命で占う「空亡」って何?のアイキャッチ画像

人生には、何度かターニングポイントと呼ばれる期間が存在します。

四柱推命でも、そのターニングポイントについて知る事ができます。

なんとなく不吉に感じられるその瞬間ですが、実は自分次第で切り開いていく事ができます。

四柱推命で空亡と呼ばれる期間をどう過ごせばいいのかについて、ご紹介します。

四柱推命の空亡の年は悪いことが起こる?

四柱推命の空亡の年は悪いことが起こる?のアイキャッチ画像

占い師さんの鑑定を受けた時、または雑誌の占い特集などで「空亡(くうぼう)」または「天中殺」というキーワードを耳にした(あるいは目にした)ことはありませんか?

空が亡い。天の中で殺される?

なんだか不穏な雰囲気であまり良い意味ではないような印象を受けませんか。

それどころか少々、不吉な予感すら覚えます。

実際のところ、空亡とは何かというと・・・。

まずは十干と十二支を組み合わせてみてください。

甲子、乙丑、丙寅、丁卯、戊辰、己巳、庚午、辛未、壬申、癸酉、戌、亥

戊と亥だけが余ってしまいますよね?

そこから、空亡=天の気である「干」と地の気である「支」が交わらない時期。

簡単に言うと「天からも地からも助けを受けにくい年」「天の声が届きにくい年」と考えられるようになったんです。

そのため、空亡の年は自分勝手、自己中心的になりがち。

「悪いことが起こる」というよりは、その原因を作っているのは自分自身で、言ってみれば自業自得でツイてないことを引き寄せやすくなる年と言えるでしょう。

何をやっても空回りしやすく、自然の流れに逆らいたくなる年。

そんな時なら、子育てがうまくいかないのも納得ですよね。

空亡は流れに逆らわないことが大事!

空亡は流れに逆らわないことが大事!のアイキャッチ画像

では、空亡に当たる年はどのように過ごすのがベストなのか。

最も大事なことは、運命の流れに逆らわないことです。

来る者拒まず、去る者追わず。

何か頼まれたら引き受ける。

チャンスが巡ってきたなら遠慮なく乗っかる。

そんなスタンスで、粛々と目の前のことに注力するのが正解です。

逆に絶対にしてはいけないのは、前のめりになって自分からガツガツいくこと。

天からの助けを受けにくい時期なのですから、無理をしても空回りするだけです。

自分から何かを変えてやろうとか、大それたことは考えないほうが良いでしょう。

私の個人的な経験から言うと、空亡の時は自分の苦手なことを克服するために時間をかけたり、資格取得のために勉強を始めたり、習い事を始めたりするのに適しています。

「これで一発、人生を大成功してやるぜ!」とか大きな欲望を持ってしまうとうまくいかないかもしれませんが、「自分を高めるために」「人生をもっと豊かにするために」「誰かの役に立てるように」というような感じで謙虚な気持ちで何かに打ち込むと身に付きやすいですよ。

空亡にはタイプがある

空亡のタイプの表

さて、では空亡とはいつ訪れるものなのか?

これは、生年月日を元にした日干支から導き出すことができます。

まずは、以下のサイトでご自身の日干支を確認しましょう。
干支カレンダー

次に、表からご自身の日干支に該当する数字を見つけます。

1~10(61~70)・・・戌亥の年・月・日が空亡
11~20(71~80)・・・申酉の年・月・日が空亡
21~30(81~90)・・・午未の年・月・日が空亡
31~40・・・辰巳の年・月・日が空亡
41~50・・・寅卯の年・月・日が空亡
51~60・・・子丑の年・月・日が空亡

例えば私の日干支は戊戌なので、空亡は35。

辰巳の年・月・日が空亡ということになります。

空亡の種類は6つあり、それぞれ違った性質を持っています。

自分の空亡が巡ってきた時、どう過ごせばダメージを最小限に抑えることができるのか?

カンタンにまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてくださいね。

★戌亥空亡タイプ

自分の内面と向き合う時間を大切にしましょう。

自分の生き方、目指す方向性などについて改めて自問することで、そのプロセスによって精神性を深めていくことができるでしょう。

★申酉空亡タイプ

「空亡の時はあまり積極的に動かないほうが良い」とわかっていても、ついつい動かずにはいられないのがこのタイプの人。

それで悪循環に陥ることも多いので、とにかく休養を大切にしましょう。

人生、たまにはのんびり休憩することも大事です。

★午未空亡タイプ

もともと慎重なタイプの方が多く、空亡の時も無駄に動き回るようなことはありません。

6つのタイプの中では最も上手に空亡を乗り越えることができるでしょう。

ただ、繊細ゆえに考え過ぎる傾向があります。

「人生、良い時もあれば悪い時もあるさ」と、意識して楽観的に考えることが大事ですね。

★辰巳空亡タイプ

周囲から誤解を受けやすくなりますので、言動は慎むようにしましょう。

もともと、ちょっとエキセントリックで個性的な方が多いですが、空亡の時はその性質が強化されがち。

過激な言動は孤立する原因になりますのでご注意を。

★寅卯空亡タイプ

本来、空亡の時には行動範囲を広げるべきではないと言われていますが、ついついジタバタするのがこのタイプ。

空亡の時は寂しがりやな面が強く表れてくるので、仲間を求めて動き回ってしまうのでしょう。

動いてしまうのは仕方がないとしても、むやみに仲間を募るような活動は控えましょう。

★子丑空亡タイプ

もともと行動派で現状を自分でコントロールしたいタイプ。

動いてもうまくいかない空亡の時期は、イライラもマックスかもしれません。

ですが、空亡の時の焦りは禁物です。

前に進みたい気持ちをじっとこらえて、動くべき時期を待ちましょう。


他のどんな事でスピリチュアルを使用したいですか?