何度も占いで同じことを占うのはNG?一回目の占い結果を信じて人生を好転させる方法

何度も占いで同じことを占うのはNG?一回目の占い結果を信じて人生を好転させる方法

タロットなどの占いで、気に入らない結果が出た時にもう一度同じことを占いたいと思うことってありませんか?

結構多くの方々が、そう思うはずです。

でも、タロットのような「卜占い(ぼく占い)」と呼ばれるカテゴリーの占いで、同じことを何度も占うのはNGとされています。

一回目の占い結果を信じることで、人生を好転させる方法です。

何度も占っていい占いとダメな占いの違い

何度も占っていい占いとダメな占いの違い

占いには様々な種類があり、大きく分けると3つに分類されています。

1つ目が、命占いと呼ばれる占いです。

この命占いは、例えば西洋占星術や東洋の占星術、数秘術や四柱推命などもこの類になります。

どういう占いかというと、その人の生まれ持った運命を占ったり人生どう進んでいくのか、持っている性質や宿命など核となる部分を占うことができる占いが、命占いになります。

この手の占いは、自分自身のことを知るためにとても便利な占いです。

また、もともと持ってる運命から未来の予測もできるので何度占っても良い占いではあります。

2つ目が、相占いです。

例えば、顔相だったり手相占いなどがこの相占いにあたります。

相占いも、実は月日が経つと手相や顔相などは変わるものです。

そのため、何度占っても良い占いではあります。

ただし、今日明日では顔相、手相なんて変わりませんので何か自分自身に変化が起きたなと感じる時に占うと良い占いと言えます。

3つ目が、卜占いと言われる占いです。

この卜占いは、タロットカードや易などの占いを指し、イエスかノーか、また行動するべきか否か、相手の気持ちは?など、特に今の状況に対するアドバイスを占うことができる占いを指します。

この卜占いこそ、何度も同じことを占ってはいけない占いなのです。

卜占いは同じことを占ってはいけない理由

卜占いは同じことを占ってはいけない理由

それでは、卜占いと言われる占いはなぜ何度も同じことを占ってはいけないのでしょうか?

1番の理由は、「行動に迷いが出てしまうから」なのです。

一回目に出た答えはこれだった、二回目はこれ、三回目は…。

では、どうしたらいいかわからなくなってしまいませんか?

そして、迷ってしまう時程失敗してしまったりするものです。

自分を信じられなくなってしまうことにもなりかねません。

そうなってくると、よくわからなくなり、次から次へと占いに頼りまさに占いジプシーのような状態になってしまったりもしかねません。

易占いの経典には、「一回目の占い結果が真実。2度3度占えばその結果は汚れてしまう。」なんて書かれているのです。

悪い結果が出れば、もう一度占って良い結果を出そうと思ってしまうのが人間ですよね?

でも、それをやってしまうとさらに悪い事態を引き起こしかねない=迷いが生じて人生台無しになってしまうことにもなりかねないということを教えてくれてるのです。

なぜその答えが出たのか考えてみよう

なぜその答えが出たのか考えてみよう

世の中で起こることには、意味があります。

なぜその答えが導き出されたのか?

考えてみると良いでしょう。

必ず何らかの理由があるはずです。

そして、勘違いしないでいただきたいのが今あなたの元にやってきた答えというのは、今のあなたのままいたらそうなるという答えなのです。

そのため、今のあなたが変われば、結果も変わっていくということを占いが教えてくれてるのです。

占いの持つそんな要素に着目していくことで、一回目の占い結果を信じて人生を好転させていくことができるようになります。

必ず、答えはあなたの中にあります。

まずは、占いをしたら一旦自分の中に落とし込み考えてみる癖をつけてみませんか?

☆日常を一歩上に引き上げるちょっとした秘訣☆

今、あなたの目や画面に映っている情報に興味がなくても、すこし覗くだけで、あとあと損しない生きた情報になるかも!

普段から色々な情報に触れることも、素敵なエッセンスです。