占星術で「太陽」の持つ意味!しし座の守護星である太陽の性質を理解して開運する方法

占星術で「太陽」の持つ意味!しし座の守護星である太陽の性質を理解して開運する方法

占星術において、太陽はとっても重要な意味を持つ惑星となります。

もちろん私たちの日常生活においても、太陽といえばエネルギーの源ですよね?

太陽がなくては、生きて行くことができません。

そんな太陽の性質を理解して、どんどん開運していく方法についてご紹介します。

太陽はどんな惑星?

太陽はどんな惑星?

太陽を知らないという方は、もちろんいませんよね?

占星術でいうところの◯◯座というのは、太陽がその星座に入ってるということを意味します。

男性的なシンボルの象徴とも言われ、女性よりも男性の方が太陽の影響を受けやすいと言われています。

女性の場合は、29歳頃に訪れるサターンリターンの後から太陽の影響を受けやすくなる人も多いようですね。

太陽といえば、1年で黄道を一周します。

各星座には、約一ヶ月ほど留まるということですね。

太陽といえば「自我」を表すもの

太陽といえば「自我」を表すもの

心理学的な解釈で太陽を見てみると、自我を表します。

自分の魂の核となる部分、そして自我、エゴなどを表すのが太陽の存在なのです。

太陽が何座に入ってるかで、あなたの持つエゴが満たされるかが決まります。

太陽が象徴することとは?

太陽が象徴することとは?

太陽とは、家の中心であったり、家長などを表したりします。

またリーダー的な存在も太陽で表し、エネルギーの源と言われたりもします。

生命力を象徴したりもっします。

高貴なものの象徴こそ、太陽なのです。

なんとなく自分の星座がしっくりこないという方

なんとなく自分の星座がしっくりこないという方

生きていて、なんとなく自分の星座がしっくりこないという方は、まだ自分自身の自我が認識できていない状態ととらえることもできます。

自分の内側にあるものと向き合うのが怖かったり、自分の魂の奥深い部分をまだ見てなかったり。

今まで生きてきた環境の中で、自分自身の自我に蓋がされてる状態だったりするのが自分の星座がしっくりこないという方です。

前述のサターンリターンを経て、自我の認識が出来るようになる方も多かったりします。

サターンリターンについては、以下の記事も参照されてみてください。

子供から大人になり、社会に出て行く流れの中で、自我は表に出てきます。

そんな中で、ちょうど29歳、30歳頃が一番自分自身について深堀できるそんなタイミングなのです。

太陽という惑星の持つ占星術的な意味を知ることで、自分自身と向き合っていくこともできます。

占いを利用した時に、このような知識があるだけで解釈も異なってきます。

是非、あなた自身の運気を良い方向に導くためにも、太陽の性質について理解しておくと良いでしょう。

太陽は、しし座の守護星にもなります。

しし座と同じような性質を持つのも、太陽という惑星といえるでしょう。

しし座の特徴については、以下の記事を参照されてみてください。

その星座の持つ守護星まで知っていくことで、もっと深く星座について理解できるはずです。

☆日常を一歩上に引き上げるちょっとした秘訣☆

今、あなたの目や画面に映っている情報に興味がなくても、すこし覗くだけで、あとあと損しない生きた情報になるかも!

普段から色々な情報に触れることも、素敵なエッセンスです。