「予祝(よしゅく)」を人生に取り入れて思い通りの未来を創る方法

「予祝(よしゅく)」を人生に取り入れて思い通りの未来を創る方法

予祝(よしゅく)という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

予祝とは、書いて字のごとく、あらかじめお祝いをすることです。

前もって夢が実現したこと、思い通りの未来を創れたと想定して、前もってお祝いすることを予祝と呼ぶのです。

予祝を利用して、思い通りの未来を創っていく方法についてご紹介します。

実は古くからある予祝の習慣

実は古くからある予祝の習慣

日本では、この予祝と呼ばれる習慣は実は遥か昔から行われていました。

春にお花見をしますよね?

今では普通に年中行事の一環のような感じで行われてますが、このお花見こそ実は予祝だったのです。

秋の収穫を祝い、春に宴を行うのがお花見なのです。

おそらくこの事実を知ってるという方は少ないのではないでしょうか?

ということは、遥か昔から引き寄せの法則は知らず知らずのうちに使われていた。ということにもなってきますね。

予祝は引き寄せの法則の一環

予祝は引き寄せの法則の一環

こういう未来を作っていきたいと思う未来を、まだ願いが叶っていないのに実際に体験することが予祝です。

未来のビジョンを具現化することで、そのような未来を引き寄せること。

つまり、引き寄せの法則を発動させるということですよね。

実際に、実現させたい未来を体験することで、そんな未来に導いていってもらうことができるようになるのです。

予祝を人生に取り入れる方法

予祝を人生に取り入れる方法

予祝は、私たちの人生に取り入れていくことができます。

例えば、どうしてもゲットしたい仕事があり、まだゲットできるか決まっていないのに仕事をゲットできたと仮定して前祝いをしてみたり。

お金が貯まったら、ここのレストランで食事をしたい!

と思ってたレストランでまだお金は貯まっていないけど食事をしてみたり。

そうすることで、仕事をゲットできやすくなりますし、また、お金も貯まりやすくなって行きます。

前もってお祝いしてしまうことで、気持ち的にもそこに完全に向かっていくことになります。

潜在意識と繋がっているということですね。

予祝を人生に取り入れていくことで、アンテナが未来にむきやすくなって行きます。

私たちの潜在意識は、具体的に描かれた未来ほど具現化しやすいからなのです。

ちょっと高いな!

と思ったとしても、まずは実現したい未来を体験してみることから始めてみると良いでしょう。

マンションを購入したい、と思った時には、モデルルームに足を運んでみること、体験宿泊などをさせてくれるサービスがあるところもあるので、そのようなサービスを積極的に利用してみるのもオススメです。

未来にやってみたいと思う体験を次々にしていくことで、その通りの人生を実現していくことができるはずです。