西洋占星術を味方につけて開運する方法!2018年注目の星々のドラマ

西洋占星術を味方につけて開運する方法!2018年注目の星々のドラマ

2018年の星の動きで注目すべきは、なんといっても天王星!

2011年からおひつじ座に滞在していましたが、2018年5月におうし座に移行します。

その後、11月に再びおひつじ座に逆行しますが、2019年3月には再びおうし座に入り、以後2025年7月までこの位置に滞在することになります。

そんな2018年の注目の星「天王星」や忘れてはいけない開運の星「木星」の動きに注目して西洋占星術を味方につけて開運する方法をご紹介します。

2018年の開運方法!2018年は天王星の動きに注目!

天王星が移動する2018年は、多くの方々にとって変化が起こることとなります。

天王星は、「改革の星」と呼ばれるように、既存の価値観をぶち壊して新しい価値観を築くくらいの強い力と情熱を秘めた星。

その星が、「感覚の星座」と呼ばれるおうし座に移動していくわけですから、人々の物の感じ方に劇的な変化が起こるものと推測できますね。

近年は「モノよりもコト消費の時代」なんて言われていますが、その流れが加速するのかもしれませんし、モノでもコトでもない全く新しい価値観が生み出されるのかもしれません。

2018年はそんな大きな流れが始まる最初の年。

あなたの中でも、既存の価値観に対する違和感や今までとは違ったものの感じ方や捉え方が生まれるでしょう。

その“目覚め”を見逃さないように!

2018年の星の動き!おうし座ってあなたにとってどんな場所?

2018年の星の動き!おうし座ってあなたにとってどんな場所?

「天王星がおうし座に移動する」
・・・客観的に見た事実は一つなのですが、その現象は実は12星座別に違った意味を持っています。

というのも、私たちの中には12星座全ての要素があるから。

例えば私は、生まれた時に太陽がみずがめ座の位置にあったということで基本的なキャラクターは「みずがめ座の人」ですが、家族との関係にはおうし座の性質が強く表れてきます。

また、恋愛ではふたご座のシニカルな性質が顔を出しますし、仕事ではさそり座特有のマニアックなところが出てきます。

つまり、基本的な性質はみずがめ座だけれど、他の星座の要素も併せ持っているというわけ!

テーマ別に担当する星座が違うと考えればわかりやすいでしょう。

西洋占星術のハウスという手法を利用した占い方

西洋占星術のハウスという手法を利用した占い方

これは専門的には「ハウス」という手法を元にした占い方です。

第1ハウスは基本キャラクター、第2ハウスはお金の稼ぎ方や経済活動、第3ハウスは言葉のセンスや勉強の仕方・・・と、全部で12ハウスあり、それぞれ管轄するテーマがあります。

それぞれのハウスに割り当てられている星座は人によって違うので、「おうし座」がどのハウスに該当するかも異なります。

みずがめ座の私にとっては「家、家族、ルーツ」を表す第4ハウスがおうし座ですから、2018年からの数年間は家族との関係において何かしら大きな変化があるのでしょう。

また、引っ越したり不動産を取得したりするタイミングとも読み取れます。

「大きな改革がある」と言われても、どんなことで変化があるのかわからなければ対策のとりようもありませんよね。

みなさんも、まずは自分にとって「おうし座」が何を意味するハウスなのかを調べておきましょう!

【12星座別 天王星の移動が影響を与えるテーマ】

星座別 天王星移動の影響を受けるテーマ

  • おひつじ座・・・お金の稼ぎ方、経済活動
  • おうし座・・・基本的なキャラクター、人生観、生き方そのもの
  • ふたご座・・・ひとりの時間、秘密にしていること
  • かに座・・・交友関係、夢、自由
  • しし座・・・キャリア、社会的立場、肩書、転職
  • おとめ座・・・旅行、専門分野、外国、親類に関すること
  • てんびん座・・・他者から与えられるもの、パートナーの経済状況
  • さそり座・・・結婚、人間関係、契約、パートナーシップに関すること
  • いて座・・・就労条件、健康、社会的な役割、ライフスタイル
  • やぎ座・・・恋愛、趣味、子育て、クリエイティビティに関すること
  • みずがめ座・・・家、家族、ルーツに関すること
  • うお座・・・コミュニケーション、勉強、兄弟姉妹に関すること

2018年の開運で忘れちゃいけない!木星の動き

2018年の開運で忘れちゃいけない!木星の動き

さてさて、2018年を充実した1年にするためにもう一つ忘れちゃいけない星といえば「木星」!

言わずと知れた幸運を運ぶ星ですね。

木星は12年かけて12星座を巡るので、この星が自分の星座に入る年はラッキーなことに恵まれる当たり年と言われています。

また、さきほどの「ハウス」の考え方を元にすれば、木星が入るハウスが担うテーマが開運の鍵

例えば、2017年10月~2018年11月は木星がさそり座に入ります。

ですから、さそり座の方にとっては12年に一度のラッキーイヤーということになりますね!

経験上、木星が自分の星座に入る年は、公私ともに絶好調で何をやってもわりとうまくいきます。

さそり座のみなさんは強気で攻めてOK!

他の星座のみなさんは、さそり座が自分にとってどんなテーマを管轄するハウスなのかを調べてみましょう。

木星が射手座に移動、こちらも注目!

簡単にまとめてみると・・・

星座別 さそり座in木星の影響を受けるテーマ

  • おひつじ座・・・他者から与えられるもの
  • おうし座・・・結婚、人間関係、契約、パートナーシップ
  • ふたご座・・・就労条件、健康、ライフスタイル
  • かに座・・・恋愛、趣味、子育て
  • しし座・・・家、家族、ルーツ
  • おとめ座・・・コミュニケーション、勉強、兄弟姉妹との関係
  • てんびん座・・・お金の稼ぎ方、経済活動
  • いて座・・・ひとりの時間、秘密
  • やぎ座・・・交友関係、夢、自由
  • みずがめ座・・・キャリア、社会的立場、肩書、転職
  • うお座・・・旅行、専門分野、外国、親類

例えばみずがめ座の私は、仕事に関して大きく成長するチャンスが巡ってきそう!

キャリアアップのチャンスとも捉えられます。

幸せの星が自分にとってどんなテーマを応援してくれるのか?

これを知っておくだけでも、2018年の努力の方向性が定まるハズ!西洋占星術を味方につけて、建設的な努力を!

そんなあなたの2018年の西洋占星術で占う運勢は、以下よりチェックできます。

まずは2018年どんな1年になるかをチェックして、対策を考えてみませんか?

もちろん無料でチェックできます♡

2018年の運勢ランキングもチェック可能です。

西洋占星術で占う2018年の運勢&ランキングはこちらをクリック

戦うためには、まずは敵について知らなければなりません。

未来を知ることで、2018年怖いものなしで進んでいくことができるはずです。