占星術で「水星」の持つ意味!ふたご座とおとめ座の守護星である水星の性質を理解して開運する方法

星術で「水星」の持つ意味!ふたご座とおとめ座の守護星である水星の性質を理解して開運する方法

水星というと、なんとなくハレーすい星のようなものをイメージする方って多いのではないでしょうか?

水星というと、いつも太陽の近くにいる太陽の腰巾着的なイメージがする方もいらっしゃるかもしれません。

占星術でいうと、水星とはどんな意味を持つ惑星となるのでしょうか?

すい星の性質を理解して、開運する方法をご紹介します。

水星とはどんな惑星なの?

水星とはどんな惑星なの?

水星とは、いつも太陽の近くを運行している惑星であり、88日間で一周する惑星とされています。

太陽とは、28度以上離れることはないとされています。

そんな水星ですが、太陽の自我を伝える役割を担っています。

そのため、水星の影響を受けてる惑星はコミュニケーション能力に優れ、話すことも得意としています。

水星の持つ占星術的な意味は?

水星の持つ占星術的な意味は?

水星は、人のものの考え方だったり話し方を司る惑星とされています。

伝えることだったり頭を使うことなどを得意としています。

今の時代は、水星はインターネットを象徴していたりします。

そんな水星が逆行することもあり、逆行する時は地下鉄などが停まったり、交通機関が麻痺したりするなどとよく言われています。

水星は、若い人などを象徴する惑星となります。

占星術的には、水星がどこに入ってるかであなたに向いている仕事、天職などがわかると言われています。

水星の象徴するキーワードは?

水星の象徴するキーワードは?

それでは、伝達の星と言われる水星の持つキーワードについて見ていきましょう。

水星は、頭脳、知性、思考、コミュニケーション能力などをキーワードに持つ惑星です。

水星の影響を多大に受けている星座は、とにかくコミュニケーション能りょくが高く、頭の回転が早いなどとされています。

おしゃべりだという特徴も持っています。

水星は、ふたご座とおとめ座の守護星となります。

ふたご座もおとめ座も、頭の回転が早く知性のある星座ですよね。

特に、ふたご座に水星が入っている時が水星のパワーを一番発揮しやすい時となります。

また、水星のパワーがマイナスに出てしまうと批判的になってしまったり、神経質になってしまうこともあります。

水星という惑星の影響について理解していくことで、逆行時などもどうしたらいいのかわかるようになります。

惑星と上手に付き合っていくことで、人生を良い方向に導いていくことも可能になります。

水星を守護星に持つふたご座、おとめ座の特徴については、以下の記事も合わせてチェックされて見てください。

水星の力を上手に利用して、コミュニケーション能力を高めることも可能なのです。

これらの水星のパワーの恩恵をたっぷりと受けることができるのが、ふたご座、おとめ座の新月、満月時です。

新月、満月時にはその星座の持つキーワードとなる部分のパワーを得ることができます。

ふたご座、おとめ座の満月、新月の際に水星の力を借りて開運に導いてみませんか?