トートタロットの「情熱」の使い方を教えてくれるワンド(WANDS)のストーリー

トートタロットの「情熱」の使い方を教えてくれるワンド(WANDS)のストーリーのアイキャッチ画像

トートタロットのワンド(WANDS)は、火のシンボルです。

この世は、火、風、水、地の4つの元素から成り立っていると言われています。
その中の火を象徴しているのが、タロットではワンドというわけです。

ワンドには、どんなキーワードが込められてるのでしょうか?

トートタロットの小アルカナ、ワンド(WANDS)の数札についてを学んでいきましょう。

情熱とやる気を司るスート「ワンド」

ワンドは物事を推し進める上で不可欠な「情熱」「やる気」を司るスートです。

10枚のカードにはそれぞれどのようなものが描かれていて、どんな意味があるのか?
私たちに何を伝えようとしているのか。
ワンドのカードたちの声に耳を傾けてみましょう。

★ワンドのエース~創造的~

ワンドのそれぞれのカードのストーリーのアイキャッチ画像1

何かがなされる前の、まだ形にならない純粋なエネルギーが表現されています。

中心に描かれた巨大な松明は、創造的な意志、生命力の象徴。

あなたの周りでたくさんのエネルギーが動いていることが見て取れます。

★ワンドの2~支配~

2本の力強い赤いワンドが目を引くカード。

これは「聖なる力」を意味するワンドで、古いものを一掃して新しい方向へと動いていくダイナミックなエネルギーを象徴しています。

このカードが出たときは内にも外にも新しい方向性がある状態。古い価値観を捨て、全く新しい生き方を模索するチャンスです。

★ワンドの3~美徳~

チューリップのようなワンドが3本並んでいます。3本はパッと見ではそっくりで調和している状態。これは、「思考」「感情」「行動」のすべてが同調していることを表しています。

内面に妥協がなく、物事に対しても人に対しても誠実でいられる状態。見栄やごまかしをそぎ落とし、本当の自分で物事に向き合うことの大切さを説くカードです。

★ワンドの4~完結~

輪になってつながるワンド。ある種の「完成」「完結」「完璧さ」を表す1枚です。

ワンドの方端には雄羊が、もう片方にはハトのモチーフがついていますが、これは対局にあるもの(例:男性性と女性性)が溶け合うことで古いものが完結し新しい物事が始まることを意味しています。

人生において、今は何かを解決したり終える必要がある。そんなメッセージ性が伝わってきます。

★ワンドの5~闘争~

中心に描かれているのは、大アルカナの「魔術師」と「悪魔」のカードにも出てくるワンド。古代エジプトで「王」を表す羽根の付いた太陽のシンボルがついています。

このワンドが背後の4つを押さえこむような形で描かれていることから、なにかブロックされたエネルギーがあることを感じ取れます。このカードが出た時は、おそらく、なにかしら困難な課題や問題に直面することになるでしょう。

他人事のように避けるのではなく、その問題を自分のこととしてコミットすることが大事だと、カードは伝えています。

★ワンドの6~勝利~

ワンドのそれぞれのカードのストーリーのアイキャッチ画像2

6本のワンドが互いに支え合って立っているように見えます。ワンドが交差したところには炎が上がっていますが、これはエネルギーの象徴。物事がうまく解決されたことの現れです。

一つ前の「5」に比べると非常にポジティブな雰囲気が漂うカードですね。人生に対する明るい見通しを象徴しています。

「うまくいっている」「ALL OK!」「複雑ではない」「問題ない」・・・そんな意味があります。

★ワンドの7~勇敢~

「5」のカードで力をブロックされていたカードが「6」で勝利を手にし、ここで最後の発展を迎えます。

真ん中に描かれているワンドはまだ荒っぽく粗削りですが、そこにはリアルな体験が刻まれていて、困難に負けずに生きていくことの厳しさが表現されています。

居心地の良い場所から一歩進んで自分の人生をもっと発展させていくには、努力や強さ、勇気が要るんだよ。とこのカードは教えてくれているのです。

★ワンドの8~迅速~

中心に描かれている四角形は、ブロックされたエネルギーを象徴するもの。ですが、見方を変えればクリスタルやダイヤモンドのようにも見えます。そしてその時、手前に描かれた赤い稲妻も解放されるのです。

つまり、困難な状況でも見方・やり方次第。鍵を逆さまにしてみると簡単に開いた!ということがあるように、時には発想の転換が未来を拓くキッカケになるのだと・・・そんなシンプルな教えが表現されています。

★ワンドの9~強さ~

中央の太いワンドが、太陽と月を結び付けている・・・というインパクトのある絵柄。太陽は意識的な部分を、月は無意識を表すものであることから、このカードは「意識と無意識」「外面と内面」の結びつきを表現していることが見て取れます。

すなわち、目に見えている部分と見えない部分が協調して作用して得られる「強さ」や「完成形」を表しているんですね。自立して自分なりのやり方を見つけることの大切さを説くカードです。「我が道をいきなさい!」と。

★ワンド10~圧迫~

ワンド2でも登場していた聖なる力を持つワンドが再び登場。背後にある8本を抑え込んでいるように見えます。

背景のオレンジ色と、中心の炎のほとばしりから、かなり強烈なエネルギーが抑制されていることが見て取れますね。

なにかしらあなたの周りにも抑圧的なエネルギーが働いているのかもしれません。そしてそれが、あなたが進もうする方向性を制限してしまうこともあるでしょう。

「今は少しおとなしくしておいたほうが良いかも」「今は進むべきタイミングではないよ」というメッセージを感じ取れます。

最新2020年の無料占い特集CTA


他のどんな事でスピリチュアルを使用したいですか?