「トートタロット」VS「ウェイト版のタロット」!CUPSのコートカードの解釈の比較

「トートタロット」VS「ウェイト版のタロット」!CUPSのコートカードの解釈の比較のアイキャッチ画像

世の中には様々なタロットカードがありますね。

ここでは、トートタロットと、一番有名なウェイト版のタロットの二つのタロットカードはどう違うのか?

カードが違うと解釈はどう変わるのか?

二つのタロットカードを比較していきます。

今回は、CUPSのコートカードを1枚1枚比較していきましょう。

トートタロットとウェイト版のタロット!CUPSのコートカードの比較

 
目には見えない”愛”の力を説くCUPS(カップ)のコートカード

ウェイト版とトートタロット。いずれのタロットでも、カップは「感情」(主には愛情)を司るスートです。

その愛情を大切な人にどう伝えるのか?どう分け合うか?・・・目には見えないけれど確かに存在する「愛情」というものの曖昧さ、あやうさ、取り扱いの難しさを教えてくれます。

ここでは、カップのコートカードの意味を比較してみましょう

★カップのナイト

「トートタロット」VS「ウェイト版のタロット」カップのナイトの解釈の比較のアイキャッチ画像

いずれも、白馬に乗った騎士がカップを手にしている姿が描かれています。どちらの騎士からも「このカップを見て欲しい」という気持ちが伝わってきますが、トートタロットのほうがこれ見よがしな感じですよね。中にはカニがいて、ハートを分かち合うことの喜びを象徴していると言われています。

2枚のカードの大きな違いは、ウェイト版のほうはヘルメットをかぶっていますがトートのほうは被っていないこと。また、ウェイト版のほうではヘルメットに翼がついていますが、トートのほうは騎士の背中についています。

ヘルメットは頭を守るものであることから「防御」を意味するアイテム。つまり、トートのほうには「自分を守ろう」という気はさらさらなく、あくまでありのままの自分をオープンにさらけだしていることが見て取れます。

背中の翼も、彼の感情が活発に外に向いていることを意味するもの。ウェイト版の「翼がついた帽子」は知のヘルメス神の恩恵を受けていることを表すものですから、こちらの騎士は非常に頭の回転の速いキレ者であることがわかります。実際、二枚を比較してみると、ウェイト版のほうが冷静でクールな人物に見えますね。

二人を比較してみると、トートタロットのほうが感情優位。カードの意味としても、「ありのままの感情を表現する」「ハートを分かち合う」という具合に、「感情」を重んじる解釈ができます。

★カップのクイーン

「トートタロット」VS「ウェイト版のタロット」カップのクイーンの解釈の比較のアイキャッチ画像

ナイトのカードでは、トートタロットのナイトは動的、ウェイト坂は静的で、描き方が対象でしたね。

一方、クイーンのカードはどちらの種類のタロットでも描かれている女性は落ち着いた雰囲気。いずれも、水辺でもの憂げにたたずむ女性を描いています。

トートタロットについては、その姿も曖昧で顔の表情すらもよくわかりません。これは「感情」というものの曖昧さや神秘性を表すカードなのです。

ウェイト坂のほうが「深い愛情やロマンチックな感情」という点を強調しているのに対して、トートタロットはこの女性を通じて「感情の繊細さ」「もろさ」を表現しているのが特徴的。ネガティブな見方では「感情に溺れる」「依存」といった意味になるのはどちらのカードも同じです。

★カップのプリンス

「トートタロット」VS「ウェイト版のタロット」カップのプリンスの解釈の比較のアイキャッチ画像

貝殻の形の戦車に乗った若い男性が、大きなワシに乗って水面ギリギリを飛んでいます。水に浸りそうでいて浸らないその様子は、「水(感情)に入っていない=今の自分のフィーリングに向き合っていない」ことを表しています。このカップにはヘビが入っており、「変容を通じて自分の願望に近づきたい」という彼の気持ちを見て取ることができます。

一方のウェイト版の「カップのペイジ」ではカップの中にいるのは魚。現実の魚ではなく、この少年が心の中で描いた魚が姿を現したものだと言われています。

同じような構図なのに、こうして細部を見てみると描かれているものが微妙に違うんですね。こういった部分を深堀りしていくと、奥行の深いリーディングができるでしょう。

というわけで、いずれも心の中にある願望、夢、希望を表すカード。豊かな感性や直感力、空想などを表すときによく出るカードです。

★カップのプリンセス

「トートタロット」VS「ウェイト版のタロット」カップのプリンセスの解釈の比較のアイキャッチ画像

ウェイト版にはプリンセスのカードはないので、「キング」と比較してみましょう。

ウェイト版はキングが玉座に腰かけていて「静的」な印象を受けますが、トートタロットのほうは女性がドレスをなびかせて踊っているという「動的」な絵柄。豪華な貝殻をモチーフとしたカップに、白い蓮の花、翼を広げる白鳥・・・と、優しく穏やかな中にも非常にのびやかで自由な空気を見てとることができます。

実際、ウェイト版のキングからは「包容力」「人情」を感じ取ることができるのに対して、トートタロットで描かれているのは「感情的な自由」「友愛」「自由な愛」で、よりスケールが広い感じ。どちらも「誰に対しても優しい」「どんな人とも親しくなれる」という人物の性質を表していますが、その “描き方”が異なるのです。

このように、ウェイト版とトートタロットを比較してみると、「静」と「動」がハッキリ分かれているカードがあるのは興味深い点ですね。また、トートタロットのほうがやや抽象的。その分、リーディングする人の感性を邪魔しないというメリットもあると言えるでしょう。

最新2020年の無料占い特集CTA


他のどんな事でスピリチュアルを使用したいですか?