トートタロットの大アルカナを学ぶ方法!「18 The Moon 月」~曖昧なものを光で照らす~

トートタロットの大アルカナを学ぶ方法!「18 The Moon 月」~曖昧なものを光で照らす~のアイキャッチ画像

トートタロットといえば、日本ではあまり解説書が出ていないタロットカードになります。

とはいえ、トートタロットが良くないタロットカードデッキだからとかそういう事ではありません。

反対にかなり優れたタロットデッキなのですが、「直感のタロット」と呼ばれてる通り潜在意識の奥深くに入っていく扱いが難しいタロットカードであることは事実です。

そんなトートタロットですが、一つずつ理解していくことで魅力に触れる事ができます。

トートタロットの大アルカナ、「18 The Moon 月」を学んでいきましょう。
トートタロットの大アルカナ、「18 The Moon 月」

広大な“無意識”からのメッセージ

全て失っても、希望が残れば自分を信じてまたゼロから頑張って新しいものを築き上げるとができる。

と、一つ前の「星」のカードは私たちに「希望」を持つことや自分を信じることの大切さを教えてくれました。

しかし、表向きは希望に満ちて頑張っているように振る舞うことができても、得体のしれないもやもやした不安にさいなまれて足がすくんでしまうことも多いものです。
その”もやもや”の正体が自分でもわかっていなかったりするので、ますますスッキリしない・・・みなさんもそのような経験はございませんか?

それは、私たちのマインドのほとんどを占めている「無意識」という領域の仕業です。
私たちの行動や思考の多くはこの無意識に支配されていて、なぜ自分がそうするのか?なぜそう思うのか自分でもわかってないことが多いのです。

18番の「月」が表すのは、まさにその「無意識」の世界。
未知なるもの、不可知のもの、神秘的なもの、隠れたものと解釈されることが多いカード。
一言でいうと、「何が起こっているのか、本人にもよくわかっていない状態」を表していることが多いです。

描かれているシンボルは?要チェックポイントはココ!

「18 The Moon 月」の描かれているシンボルは?要チェックポイントはココ!のアイキャッチ画像

占いの世界において、月は「未知なるもの」「無意識」を象徴する展開。
トートタロットの「月」のカードでは、2人の番人が月に続く道を守っています。

  • 万人はエジプトの死神・アヌビスである
  • 足元には野犬がいて、勝手にその道に入る者には咬みつく

まるで、「そう簡単には月には近づけないよ」とでも言うような物々しい雰囲気ですね。
実際のところ、無意識の領域に近づくことはとても難しい。
自分の本心は、自分が一番よくわかっていなかったりするものです。

一方で、番人の足元には水があり、その中にいるスカラベは明るい玉のようなものを持って二人に近づいています。

このスカラベは「生の変容と復活の神 ケプリ」、光の玉は太陽を象徴していると言われています。
この光によって、隠されたもの、無意識のものを照らし出そうとしているのです。

カレントライフリーディングにおける意味

では、実際のリーディングではこのカードをどのように解釈すれば良いのか。
カレントライフリーディングで「月」のカードが出た場合の、各位置の意味の取り方の一例をご紹介します。

①物の見方
何が起こっているのか、ちょっと混乱した状態にあるようです。
そういう時は、あえて物事をハッキリさせないほうが良いのかもしれませんよ。
②コミュニケーション
言いたいコトがうまく伝わらない・・・と、モヤモヤしているのでは?
あるいは、相手の言いたいことがイマイチわからないという状態かもしれません。
言葉に表れていない本音に耳を傾ける努力をしてみましょう。
③仕事
自分が進んでいる方向、進むべき方向性を見失ってしまったようです。
今は、無理に答えを出そうと急がないほうが良さそう。
④内面の自己
自分でも自分の気持ちがはっきりわからず、モヤモヤしているかも。
でも、今は無理にわかろうとしなくて大丈夫。
モヤモヤの正体は、いずれ晴れていくでしょう。
⑤性エネルギー
性的な関係において、とても受身的。
あまり満足感を得られず、その関係を楽しめていないのかもしれません。
「こうしてほしい」という願望、本音を抑え込んでいるのではないでしょうか。
⑥身体
体からの欲求を抑え込んでいませんか?
もしくは、身体からの声を聞いて聞こえぬフリをしているとか?
それを続けていると、心因性の不調が表れてくるかもしれません。
⑦主な関係性
親しい関係性の中に、モヤモヤと鬱屈した感情を抱えています。
自分でどうにかしようとせず、今はそのままに。
時間が解決してくれますよ。
⑧新しい見方
物事は、曖昧なくらいでちょうどいいこともあります。
無理に答えを出そうとする必要はないのでは?

⑨マインド
「わからない」という感覚を否定しないようにしましょう。
わからないこと、曖昧なことがあるから、人は学ぼうとするのです。
⑩ピーク・エクスぺリエンス
今あなたにできる最善のことは、「待つこと」です。
曖昧なことに対して無理に答えを出そうとする必要はありません。
なすがままに任せることが解決の近道かもしれませんよ。
⑪スピリチュアル・メッセージ
未知のものへの好奇心を大切に。
知りたい!学びたい!という情熱があなたを動かす原動力になります。
ただ、解決には時間がかかることも多いということは肝に銘じておきましょう。
⑫瞑想
曖昧なことを、曖昧なままにしておくこと。
これも、実は精神力が要ることです。
根気よく待つことを学ぶことも、あなたの力になるでしょう。
⑬概観
何が起こっているのかよくわからない。という曖昧な状況を、楽しみながら見守りましょう。
自分がどこに向かっているのか、何を目指しているのか「わからない」。そのことに自分が気づいているということが大事なのです。


他のどんな事でスピリチュアルを使用したいですか?