トートタロットの大アルカナを学ぶ方法!「13 Death 死」~死があるから生がある~

トートタロットの大アルカナを学ぶ方法!「13 Death 死」~死があるから生がある~のアイキャッチ画像

トートタロットといえば、日本ではあまり解説書が出ていないタロットカードになります。

とはいえ、トートタロットが良くないタロットカードデッキだからとかそういう事ではありません。

反対にかなり優れたタロットデッキなのですが、「直感のタロット」と呼ばれてる通り潜在意識の奥深くに入っていく扱いが難しいタロットカードであることは事実です。

そんなトートタロットですが、一つずつ理解していくことで魅力に触れる事ができます。

トートタロットの大アルカナ、「13 Death 死」を学んでいきましょう。

“死”は始まりであって“終わり”ではない

12番の「吊るされた人」では、「手放すこと」を学びました。
人生は自力でどうにかできることばかりではありません。
コントロールすることを諦め、自分の“こだわり”を手放し、ただ物事を見守ることしかできないこともあるのです。

そんな「試練」の時を経て、次の12番では「死」に直面します。
このカードは、生命の終わりのみならずあらゆる物事の「終わり」を意味しています。
生きることは変化の連続です
が、次の段階に進んで行く時には古い物を終わらせ、物事を一旦、リセットする必要があります。

トートタロットの「死」は、わかりやすく言えば「新しいものを受け入れるには、古いものを整理して手放す必要があるんだよ」というメッセージを伝えるカードなのです。

ともすれば私たちは、「おしまい」や「別れ」を過度に恐れ、避けようとする傾向があります。
しかし、終わりがあるから始まりがあるのであり、新しい物を生み出すためには何かを終わらせなければいけません。

「生」が滞るのを防ぐためにも、私たちは変化を受け入れ、むしろ積極的に変わっていかなければならない。
“死”や“別れ”は決してネガティブなものではないのだと、このカードは私たちに教えてくれるのです。

描かれているシンボルは?要チェックポイントはココ!

「13 Death 死」の描かれているシンボルは?要チェックポイントはココ!のアイキャッチ画像

カードの意味としては、決して恐ろしい物でもネガティブなものでもなく、むしろポジティブ。
しかし、描かれている絵柄は少々おどろおどろしい雰囲気にも感じられます。

中心に描かれているのは、神話に登場する「死神」。

  • 死神は、鎌のようなものを持っている
  • 死者の魂が上方へと動いていく様子が描かれている

ここで表現されているのは「浄化」のプロセス。
亡くなった方の肉体が土に還り、その栄養分が新しい作物を育てます。
そしてこの死神は、手に持った鎌で実りを刈り取ろうとしているのです。

また、カードの中に描かれている動物はそれぞれ次のような意味を持っています。

  • サソリ:占星術では、さそり座は「生」や「死」と深い結びつきがある星座です。
  • 脱皮する蛇:生まれ変わりの象徴
  • 不死鳥:死を経て新しく生まれ変わる
  • 魚:キリスト教のシンボル。復活を表す

また、枯れかけたユリは「命あるもののはかなさ」を表すと言われています。命あるものははかなく、美しい。しかし同時に、再生する強さも秘めているんだよ、とこの死神は伝えているのです。

カレントライフリーディングにおける意味

では、実際のリーディングではこのカードをどのように解釈すれば良いのか。カレントライフリーディングで「死」のカードが出た場合の、各位置の意味の取り方の一例をご紹介します。

①物の見方
人生を揺るがすような、大きな変化があったのでしょう。
深い喪失感に包まれているようです。
②コミュニケーション
相手から切り離されたような感覚があるのではないでしょうか。
関係が断絶してしまったのだとしても、それで終わりというわけではありませんよ。
③仕事
何かが終わって、一区切りの段階。
良くも悪くも、リセットの時です。
もう一度、ゼロから始めましょう。
④内面の自己
古いこだわりは手放しましょう。
今は「捨てること」「終わりにすること」が新しい未来への近道です。
⑤性エネルギー
一つの恋が終わったようです。
あるいは、相手に対する執着からようやく自由になれたのかも。
ここから、新しい恋を始めましょう。
⑥身体
何か大きな変化があったようです。
手術で大切なものを失ったのかもしれません。
しかし、命がある限り、人は何度でもやり直すことができます。
新しいスタートを切りましょう。お大事に。
⑦主な関係性
一つの関係が終わりました。
突然の別れで、ショックかもしれません。
が、この別れはあなたの人生に必要なプロセスでした。
新しい恋に向けて、今は喪失感に浸っていても良いのです。
⑧新しい見方
いっそ、終わらせてしまうのも良いかもしれません。
むしろ、もしかしたらすでに、終わっているのかもしれませんよ。
⑨マインド
あなたは気がかりな“何か”を終わらせたいと望んでいるようです。
⑩ピーク・エクスぺリエンス
今は、気になっている物事を終わらせるのが最良の道。
何かを失えば、新しい何かを受け入れるためのスペースができます。
リセットして、仕切り直しましょう。
⑪スピリチュアル・メッセージ
もう終わっているかもしれない古いもの・関係に固執しても成長はあり得ません。
いっそ、手放してみることであなたはもっと強くなれるはずです。
⑫瞑想
何を手放せるか、それを手放すことで自分はどう変われるのか?自問自答してみましょう。
⑬概観
何かを「失った」という感覚に支配されています。
自分が空っぽになってしまったように感じているかもしれませんが、それは新しい何かを迎え入れる新しいスペースができたということ。
終わりはあれば始まりがあります。むしろ、終わりがなければ始まりもあり得ないのですから。


他のどんな事でスピリチュアルを使用したいですか?