断捨離することで運気が開ける!おとめ座×三碧木星の2018年下半期の運勢

断捨離することで運気が開ける!おとめ座×三碧木星の2018年下半期の運勢

おとめ座×三碧木星の2019年の運勢はこちらで公開!
   ↓↓↓

おとめ座の2018年下半期運勢を、九星気学で占ってみました。

おとめ座×三碧木星の2018年下半期の運勢をチェックしていきましょう。

本命星?
という方は下の表で簡単に自分の本命星をチェックできます。
(※注)
九星気学の占いの1年間は、旧暦となります。
よって、「1月1日〜2月3日」生まれの方は、1つ前の年の本命星の影響を受けます。

例えば、
  • 昭和58年の1月1日〜2月3日の間に生まれた方は八白土星ではなく、昭和57年の「九紫火星」となります。
  • 昭和57年の1月1日〜2月3日の間に生まれた方は九紫火星ではなく、昭和56年の「一白水星」となります。
一白水星 二黒土星 三碧木星
大正7年 大正6年 大正5年
昭和2年 昭和元年 大正14年
昭和11年 昭和10年 昭和9年
昭和20年 昭和19年 昭和18年
昭和29年 昭和28年 昭和27年
昭和38年 昭和37年 昭和36年
昭和47年 昭和46年 昭和45年
昭和56年 昭和55年 昭和54年
平成2年 平成元年 昭和63年
平成11年 平成10年 平成9年
平成20年 平成19年 平成18年
平成29年 平成28年 平成27年
平成38年 平成37年 平成36年
四緑木星 五黄土星 六白金星
大正4年 大正3年 大正2年
大正13年 大正12年 大正11年
昭和8年 昭和7年 昭和6年
昭和17年 昭和16年 昭和15年
昭和26年 昭和25年 昭和24年
昭和35年 昭和34年 昭和33年
昭和44年 昭和43年 昭和42年
昭和53年 昭和52年 昭和51年
昭和62年 昭和61年 昭和60年
平成8年 平成7年 平成6年
平成17年 平成16年 平成15年
平成26年 平成25年 平成24年
平成35年 平成34年 平成33年
七赤金星 八白土星 九紫火星
大正元年 大正9年 大正8年
大正10年 昭和4年 昭和3年
昭和5年 昭和13年 昭和12年
昭和14年 昭和22年 昭和21年
昭和23年 昭和31年 昭和30年
昭和32年 昭和40年 昭和39年
昭和41年 昭和49年 昭和48年
昭和50年 昭和58年 昭和57年
昭和59年 平成4年 平成3年
平成5年 平成13年 平成12年
平成14年 平成22年 平成21年
平成23年 平成31年 平成30年
平成32年 平成40年 平成39年

おとめ座×三碧木星の2018年下半期の運勢【全体運】

おとめ座×三碧木星の2018年下半期の運勢【全体運】

本命星が回座する艮宮のパワーを受けて、あらゆる方面で「見直し」が求められる運気

必要のないもの、終わったもの、無駄なものは潔く捨て去って「断捨離」していくことが運気を拓くことにつながります。

特にビジネスに関しては、専門分野の垣根を越えてフォールドを広げていく流れができつつあります。

殻に閉じこもらず、アグレッシブに自分の可能性を開拓していきましょう。

また、木星や土星の動きを鑑みると、2018年後半~2020年にかけては結婚運に追い風が吹きます。

今まで「結婚なんて」と言っていた方も「愛」について真面目に考え始める時期!

おとめ座×三碧木星の2018年下半期の運勢【恋愛運】

おとめ座×三碧木星の2018年下半期の運勢【恋愛運】

泰然と存在する山が突然噴火して人々の生活を変えてしまうことがあるように、艮宮は静の中に秘めたる激しさを感じさせる方位です。

本命星がこの方位に位置する年は、恋愛においても思いもよらない変化が生じやすい運気。

天王星がおひつじ座→おうし座へと移っていく過渡期でもあることから、うやむやだった関係に終止符を打って新しい恋に踏み出す方も多くなるのではないでしょうか。

おとめ座×三碧木星の2018年下半期の運勢【結婚運】

おとめ座×三碧木星の2018年下半期の運勢【結婚運】

実はこの時期、やぎ座に入っている土星の働きかけによりおとめ座のあなたにとっては「愛」が一つの大きなテーマとなっています。

それは単純に出逢いが増えてモテモテになるとか、そういうことではなくもっと深い意味で・・・。

愛とは何か?人を愛するとはどういうことか?

結婚とは何か・・・と繰り返し自問自答し、それによって時間をかけて一つの愛を深めていく。

そんな運気ですね。

11月には木星がいて座に移って家庭運の種まきも始まりますので、2018年後半~2020年にかけて結婚に向けた具体的な動きが出てくるはず!

おとめ座×三碧木星の2018年下半期の運勢【仕事運】

おとめ座×三碧木星の2018年下半期の運勢【仕事運】

本命星が艮宮に入る年は、「積み重ねること」と「壊すこと」の見極めが運気を分けるポイント。

地道な努力は確かに大切ですが、それを続けていても明らかに成果が出ないのであればハッキリいって無駄な努力。

どこかで方向転換する必要がありますよね。

2018年後半も、そんな「トライ&エラー」が続いていくでしょう。

天王星がおうし座へと移行していく関係で、この時期は専門分野に関することで予想外の動きが生じやすい時。

手がけていたことが思わぬ方向に発展するかもしれませんし、全く新しい分野をゼロから究めていくことになるかもしれません。

これから2026年までそんな流れが続いていきますので、2018年後半のかじ取りがとても重要な意味を持っているのです。

おとめ座×三碧木星の2018年下半期の運勢【金運】

おとめ座×三碧木星の2018年下半期の運勢【金運】

艮宮は相続運や不動産を司る方位ですから、親の財産や家に関して何かしら動きがありそう。

11月には木星がいて座に巡ってきますが、ここも「家」「住処」に関するハウスなので、住宅の購入や相続をお考えなら2018年後半~2019年末がベストな運気!

お金を貯める流れもできてくる時期ですから、今までなかなか貯められなかったという方もここがチャンス!

おとめ座×三碧木星の2018年下半期の運勢【健康運】

おとめ座×三碧木星の2018年下半期の運勢【健康運】

突発的な変化に見舞われやすい運気なので、普段は健康に自信がある方も油断はできません

ただ、艮宮がもたらす変化は決してネガティブなものではなく、状況をより良い方向へと改善するためのポジティブな動き。

体調を崩したら、その変化が起こった「意味」を考えてみましょう。

そこには、身体からの意外なメッセージが含まれているかもしれませんよ。

【2018年後半をもっと充実!3つのアドバイス】

【2018年後半をもっと充実!3つのアドバイス】

★時には状況を破壊してみることも意味がある!
★まだ見ぬ未来に向かって、大胆なかじ取りを!
★体調の変化は身体からのメッセージ