【7日間で学ぶウェイト版タロット講座】タロット占いQ&A【リピーター獲得ガイド】

【7日間で学ぶウェイト版タロット講座】タロット占いQ&A【リピーター獲得ガイド】のアイキャッチ画像

タロット占いについて知れば知るほど、色々な疑問が出てきたりするものです。

それもそのはず。
タロットカードはそれだけ奥が深いということですね。

長い長い年月、多くの方々に親しまれてきてるものには必ず理由があります。

今回は、タロットカード占いをする上で多くの方々が気になっている疑問について、実際によくいただく質問についてのQ&Aを見て行きましょう。

タロットは自分のことを占えるの?

タロット占いで自分のことを占うことはできるのでしょうか?
もちろんです。自分のことをタロットに聞いてみることは可能です。練習も自分のことで行うことができます。
たまに、自分のことは占いませんとおっしゃられるタロット占いの先生もいたりします。なぜ自分のことを占わないと言う占い師さんがいるのかというと、「エゴが入りがち」だからなのです。エゴの声に振り回されたくないから、自分のことは占わないとおっしゃられるのです。

占いをするときは、カードに描かれたことが全てです。
あなたの意見は脇に置いておく必要があります。
エゴの声に邪魔されずに、カードからのメッセージをいただくことができれば自分のことをいくらでも占うことができます。

 

タロット占いで悪い結果が出てしまった時の対処法

お客様に対して占いをして、悪い結果が出てしまったとします。そんなときはどうすればいいのでしょうか?

悪い結果の伝え方って難しいですよね。でも、時にはきちんと伝えなければならないことってあるかと思います。

悪い結果が出てしまった場合の対処法は、まずはワンクッション置いて「これから伝えなければならない事は、悪いことも含まれてる」と言うことをまずお客様に伝えることです。
そうすることで、心理的な負担が減っていきます。

その上で、ありのままの結果を伝えてみると良いでしょう。
また、大切なポイントとして「この結果は、今のままでいくと迎えることになる未来だ」と言うことも、きちんと伝えることが大切です。

タロットで占えるのは、あくまでも今の時点での未来です。
行動を変えれば、未来は変わっていくと言うことをきちんとお客様に伝えるようにしましょう。

また、悪い結果だったときは、その後に「そうならないためにはどうしたらいいのか?」と言うリーディングも合わせて行ってあげると良いでしょう。

この部分ができてない占い師さんが多すぎます。
これが出来るようになると、お客様に信頼されるようになり、リピート率もグンと上がっていきます。

 

何度も同じ質問をタロットにしてもいいの?

同じ質問についてなんども占ってもいいの?

お客様によっては、タロット占いで出た結果に満足がいかずに、もう一度同じ内容で占ってくださいとおっしゃられる方もいらっしゃいます。

そんな場合は、まずは「今どんな行動をしたらいいのか?」について占うようにすると良いでしょう。
同じ内容は、同じ日に占うべきではありません。
何の意味もありません。

まずは行動してみて、その結果どうなったか?
動きが出てきた時点で、再び占ってみるべきでしょう。

このことは、お客様にもお伝えするべきです。
「あくまでも、現時点でのあなただったらこうなる」と言う結果ですよ。
と言うことを、お客様にお伝えできるようにしましょう。

 

タロットはどれ位先の未来を占える?

タロットはどれ位までの未来を占えますか?
タロットカードは、せいぜい長くても1年以内の未来です。それ以上を占うのには向いていません。
なぜなら、深層心理や今の状態で予測される未来を占うことが出来るツールがタロットカードだからです。生きていれば、状況は変わって当たり前です。
人の気持ちも、一年後は変わってるものですよね?

命術のように人の運命を占えるツールではありませんので、最長で1年位までになります。

 

タロットカードで占ってはいけない事って何?

タロットで占ってはいけない事はありますか?

タロットの鑑定で占ってはいけない事は、

  • 人の死期について
  • 試験の合否について
  • ギャンブルに関する事
  • 人を呪ったりするような事

これらの事は、タロットで占うのを禁止されています。

このようなお願いをされた場合は、やんわりとお断りするようにしましょう。

特に、人を恨むようなそんな内容はあなた自身に返ってきてしまいます。
鑑定をするあなたが器になって、メッセージをいただく訳です。

あなたにも、そして鑑定を依頼した方にも良いことではありません。

 

タロット占い鑑定のリピーターと依存の違いは?

リピーターと依存と何が違うのでしょうか?

リピーターさんは、あなたの鑑定結果を聞き、最後には自分できちんと道を選び決めることができる方です。

依存されるタイプの方は、タロットの答えが絶対になってしまい、自分で道を決めることができなくなってしまいます。
その結果、ちょっとした事で「占ってください。」と言ってくるようになる方のことです。

その方がお金になっていいじゃない。
と思えるかもしれませんね。

でも、依存からは何も生まれません。
スピリチュアルな話になりますが、依存されることによってあなたと依存してきているお客様のコードが常に繋がってる状態になります。

その結果として、ネガティブなものがずっと繋がってる、そんな状態にもなりかねません。
お客様にとってもあなたにとってもマイナスなのです。

コードが繋がってることで、あなたのエネルギーを搾取されてしまうことにもなりかねません。
エネルギー的に考えると、そんな状態が起こることが依存です。

依存されない占い師になることも、占い師として大切なことなのです。
それには、「最後の決定権」はいつもお客様にゆだねるように導いていきましょう。

 

タロットが伝えてくれる答えが分かりにくい時の対処方法

タロットカードの答えがなんだか不明瞭です。そんな時どうしたらいいでしょうか?

多くの方々がやってしまいがちな過ちですが、タロットカードに同時に「2つ以上の質問」をしてたりしませんか?

一度の鑑定で、2つ以上の質問をしてしまうと、カードは何に対して答えを返せばいいのか分からなくなってしまいます。
タロットカードは直感と繋がるツールです。

それなのに、2つ以上の質問を投げかけられたら何がなんだかカードも良く分からないのです。

タロットを使って占うときは、必ず「質問を整える事」が大切になってきます。

まずは一つの質問をし、また別の質問に対してはもう一度カードを切る事です。
これができるようになると、なんだかモヤモヤするような答えが返ってくることも無くなっていきます。

質問を整えることも、練習です。

 

タロット占い師のためのリピーター獲得ガイド

タロット占いでリピーターさんを獲得するために大切なポイントは、「お客様の悩みを整理整頓してあげること」です。

 
自分の悩みが何なのか?
糸が絡み合い、訳が分からなくなってしまってる場合が非常に多かったりします。

本当は何について悩んでるのか?
根っこの部分に気づいていないのです。

お客様にお悩みを吐き出していただきます。
その中で、「あなたの今の一番の悩みはこれですよね?」
と言うことを、一つ一つ紐解いていってあげましょう。

多くの場合、別のところに問題が隠れてたりするものです。

「本当は何についての鑑定を受けたいのか?」この部分を明確にしてあげることで、「そうそう、私の悩みはこれだったの。」この占い師さんすごい!

と言う事になっていくのです。
つまり信頼獲得です。

タロットカードは、「明確な質問」を投げかける事で、より明確な答えを返してくれます。
そんなことからも、お悩みを整理してあげることを徹底していくことで、リピートされる占い師になっていきます。

ただ鑑定結果を伝えるだけではなく、お客様に対して励ましの言葉をかけることも忘れないようにしましょう。

具体的な行動指針も伝えていくこと、きちんと行動することの大切さも伝えていくことで、次の段階にきた時にまた指名していただけるようになっていきます。

と言っても、最初の関門は「信頼されること」です。
この関門を乗り越えると、楽にリピートしていただけるようになっていきます。


他のどんな事でスピリチュアルを使用したいですか?