占い師になりたいと言う方は「当たる占い」に拘るべからず!的中率は必ず上がる

占い師になりたいと言う方は「当たる占い」に拘るべからず!的中率は必ず上がるのアイキャッチ画像

あなたはどんな占い師になりたいですか?

多くの方々が、「当たる占い師」と答えるかもしれませんね。

いきなり当たる占い師を目指すのは至難の業です。

 

また、当たる占い師が稼げる占い師ではありません。

占い師を続けていくうちに、的中率は嫌でも上がっていきます。
それだけ経験値が上がっていくためです。

今回は、当たる占いに拘るべからずと言うことについて、解説していきます。

占い師になりたいなら当たる占いに拘るな

占い師として、活動していきたいと思ってます。
でも、自分の占いが当たるのかどうか?
ちょっと不安だったりします。
どうしたらいいでしょうか?(>_<)

 
最初に結論からお伝えします。

もうタイトルでも書いてますが、「占いが当たること、当てることに拘るべからず」と言うことです。

当たるに焦点を当ててしまうと、なんだか「賭け」のようになってしまいませんか?

根本には、「当たらなかったらどうしよう」と言う不安があるわけです。
そんな不安は、お客様に見破られてしまいます。

 

当たる当たらないにこだわってる限り、なかなか占い師としてベテランの域に入ることはできないでしょう。

あなただったらどんな占い師さんに頼りたいか?
考えてみてください。

オドオドしてる占い師さんに頼りたいですか?

自信を持って、鑑定結果を伝えてくれる占い師さんがいいに決まってますよね?

当たる当たらないにこだわり過ぎていると、いつまで経っても初心者の域から出ることはできないのです。

占いの的中率は必ず上がっていくと言うこと

占いの的中率は、経験を重ねるにつれてだんだん上がっていきます。

あのゲッターズ飯田さんも言ってましたが、最初は今ほど当たらなかったそうです。
占いを続けていくうちに、ご自身のオリジナルの占術「五星三心占い」を作成されました。

その後も、鑑定を続けていくうちにこれだけ的中率が高くなったとおっしゃられています。

経験を積むことで、的中率は上がっていきます。

最初から、当たる占いに拘る必要なんてないのです。

それよりももっと占い師として大切にするべきことがあるのではないでしょうか?

リピーターさん獲得には当たる占いはそこまで必要じゃないという事実

本音を言ってしまえば、当たらない占いよりも当たる占いの方が良いに決まってます。

でも、当たる占いは二の次だと言い切れます。

考えてみてください。

当たる占いを求めてる人ってどんな人でしょうか?

この占い師さん当たるって話題だから試してみたい。

 

そんな気持ちで利用される方が実は多いのです。

お客様側も、「当たる当たらないに拘ってる人」と言えます。

リピーターさんを獲得して占い師として稼いでいきたいのであれば、「どんなポジションを獲得していくのか?」を考えていく必要があります。

 

例えば、当たる占い師としてのポジションを取りたいのか?

それとも、アドバイスが豊富な占い師としてのポジションを取りたいのか?

色々あるはずです。

その部分を一度考えてみると良いでしょう。

今までの経験から、お客様がリピーターになるための条件は、当たる占いと言うよりも「親身になってくれる占い師さんか否か?」によると感じています。

実際に私が働いてた占い会社でも、「お客様に寄り添うことができる占い師さん」が稼いでる占い師さんでした。
リピーターさんも勿論多かったです。

 
リピーターさんがどれだけつくか?
で占い師の稼ぎは変わってきます。

占いに相談する人のパイは、無限大ではないと言うことが全てなのです。

クライアントさんを教育するのもアリ

一つの方法として、「占いは当たる当たらないはそんなに大切じゃない。」と言うことを、あなたのクライアントさんに教育していくのも一つの方法です。

教育するならば、必ず「なぜなのか?」理由を伝える必要はあります。

多くの場合、当たる当たらないに拘ってる方というのは行動しない方だなと今まで見てきた中で本気で感じています。

占いが当たった、当たらなかったで一喜一憂し、占いをしただけで終わってしまったら、正直言って何も変わりませんよね?

占いを受ける意味なんてないわけです。

ただ単に「エンターテイメントとして占いを受けた!」それだけです。

 

占いを娯楽として楽しみたいと言う方ならそれで良いかもしれませんが、悩みを解決するために占いを利用したいという方にとっては、当たる当たらないは二の次なのです。

  • どうしたらいいのか?
  • どうすれば、クライアントさんの今後が良くなっていくのか?

の具体的なアドバイスが出来ることが大切です。

それがたとえクライアントさんにとって耳が痛いことであったとしても、伝えるべき事は伝えることこそ、占い師としての使命なのではないでしょうか?

「良いことしか言わない上げ鑑定」は、最初は良いかもしれません。
でも、だんだんと信頼は失われていきます。

口コミなどで「この先生は上げ鑑定をする先生だ。」なんて書かれてしまったりすることもあるかもしれません。

 

本音でクライアントさんときちんと向き合えることこそ、これから占い師として活躍していく上で大切なことなのではないでしょうか?


他のどんな事でスピリチュアルを使用したいですか?